斎田忠利の出身高校

斎田忠利 プロ野球選手

斎田 忠利(さいだ ただとし、1934年4月11日 - )は、プロ野球選手、審判人。元パシフィック・リーグ審判部長。東京都出身。

法政二高では、四番打者、中堅手として1952年夏の甲子園に出場。1回戦で新宮に敗退した。チームメートに小坂佳隆、中村忠雄(広島)がいる。

卒業後は法政大学に進学。東京六大学リーグでは優勝に届かなかったが、1年生から中心打者として活躍。リーグ通算104試合出場、357打数78安打、打率.218、0本塁打、32打点を記録した。

1957年に大映ユニオンズに入団、1年目から一軍に定着するが、球団の再編合併もあって、翌年近鉄パールスに移籍する。ここでも外野手の準レギュラーとして起用され、1962年まで所属した。現役時代の通算成績は434試合に出場して、946打数225安打の.238、17本塁打、91打点、9盗塁である。

その後審判員に転じ、1978年今井雄太郎投手が完全試合達成した時球審。1988年伝説の10.19第1試合で二塁塁審、1989年10月12日西武(現・埼玉西武ライオンズ)対近鉄バファローズダブルヘッダーでラルフ・ブライアントが4打数連続ホームランのうち3ホームランを放った第1試合で右翼外審を担当していた。1982年から1989年にわたり審判部長をつとめた。1990年に、審判部長の座を近鉄時代の後輩でもある村田康一に譲り、主に二軍でジャッジしながら若手審判の指導につとめ、1991年現役を引退し、翌年から1994年まで審判指導員。審判員袖番号は10(1977年初採用から1991年引退まで、10は1999年採用から2003年まで秋村謙宏がつけ、2006年からは今年度新採用の工藤和樹がつけている)。一軍通算2862試合出場、オールスター7回、日本シリーズ13回出場しており、1960年代後半から1980年代を代表する名審判であった。

また、審判員引退までアウトサイドプロテクター使用にこだわり続けた。

現在はマスターズリーグで審判をつとめるほか、プロ野球OB会による野球教室などで活躍中。

斎田忠利の出身高校

斎田忠利出身高校
法政大学第二高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
222位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1934年4月11日生まれ

斎田忠利の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング