折茂武彦の出身高校

折茂武彦 スポーツ選手

折茂 武彦(おりも たけひこ、1970年5月14日 - )は、日本の男子プロバスケットボール選手である。埼玉県上尾市出身の日本バスケットボールリーグのレバンガ北海道所属、選手兼オーナー。190cm、77kg。

埼玉栄高校から日本大学に進み、4年次にはインカレ優勝に貢献。卒業後の1993年、トヨタ自動車に入社。同年全日本入りを果たし、広島アジア大会や1998年・世界選手権など国際大会を数多く経験。トヨタでも中心選手としてタイトルにも貢献する。正確な3Pは日本一と称される。

2006年世界選手権では4年ぶりに全日本のメンバー入りを果たし、最年長としてチームを支えた。

2007年、14年間在籍したトヨタから新たに設立されたレラカムイ北海道に移籍。チームを率いる東野智弥はトヨタ時代のアシスタントコーチでありながら同学年である。レラカムイ北海道ではSGとして、いまだその正確な3Pは健在であり、桜井、ニュートン、ウィリアムズとともにBIG4を形成。チームに大きく貢献している。

レラカムイ移籍後のホーム開幕戦で勝利をおさめ、北海道の熱狂、歓迎ぶりに「バスケを長年やってきて、ホームでの勝利がこんなにいいものだと初めて知った」と語った。また、レラカムイに骨を埋める意志も見せており、初代「ミスターレラカムイ」とも呼ばれている。

長年、職業欄に「プロ」と書くのが夢だったとレラカムイ移籍後に明かしている。

シュートリリースの際、中指の、のばし気味の爪に引っ掛けリリースする。 2007年シーズン終了後のファン感謝イベントの紅白戦でプレーした際、「爪切っちゃったからシュートが入らない」とコメントしたことがある。

3Pに注目がいきがちだが、そのディフェンス力や稀に見せる非凡なパスセンスもなかなかのものがあり、スクリーンの使い方はJBL屈指といわれる。

2010年1月31日、対東芝戦(月寒アルファコートドーム)においてリーグ史上初の通算6000得点を達成。

2011年、チーム運営会社のJBLからの除名処分や東日本大震災で候補となった新規運営会社が撤退した事を受けて自らが一般社団法人を設立、同時に新チーム、レバンガ北海道を創設。理事長に就任し国内プロ団体球技では異例の選手兼オーナーとなった。

2011年11月5日、対リンク栃木戦(あづま総合体育館)においてリーグ史上初の通算7000得点を達成。

2013年のNBLオールスターに選出されている。

折茂武彦の出身高校

折茂武彦出身高校
埼玉栄高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
421位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1970年5月14日生まれ

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング