成田啓二の出身高校

成田啓二 プロ野球選手

成田 啓二(なりた けいじ、1919年1月27日 - 1985年3月29日)は、鳥取県米子市出身のプロ野球選手(投手)。1950年は「敬二」。

米子中学校4年次の1935年、1級先輩の清水秀雄-井上親一郎のバッテリーの活躍で、一塁手として春夏連続で甲子園に出場した(ちなみに井上とは、その後、大学、ノンプロ、プロと共に過ごすことになる)。1936年は山陰大会決勝で鳥取一中に敗れる。

卒業後慶應義塾大学野球部で活躍したのち、大阪鉄道局米子に入る。シベリア抑留を経験したが、その後米鉄に戻り、1949年までプレーする。

1950年、国鉄スワローズ結成に伴い入団。球団結成初戦の開幕投手を務めたが、惜しくも敗戦投手となった。寄せ集めだった当時の戦力を考えれば、かなりの好投だったと言われる。プロ入りから初勝利まで11連敗を記録し、これは日本記録である(2007年、楽天の松崎伸吾がタイ記録となった)。

2年間で退団し大阪鉄道管理局に勤務。天王寺鉄道管理局で監督を務め、都市対抗野球大会に出場した。天王寺鉄道管理局時代の教え子に、大根晃(元大阪タイガース所属の投手)がいる。定年を迎えて地元に帰り、母校で野口裕美ら後輩の指導にあたるとともに、高校野球中継の解説者として多くのファンに親しまれた。

成田啓二の出身高校

成田啓二出身高校
鳥取西高校 偏差値 鳥取県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
805位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1919年1月27日生まれ

成田啓二の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング