徳山武陽の出身高校

徳山武陽

徳山武陽 プロ野球選手

徳山 武陽(とくやま たけあき、1989年7月21日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(投手)。

三田学園高時代は、2年時の秋から主将となり、エースで4番として活躍。3年時の夏は、兵庫県予選4回戦で敗退。甲子園出場経験は無し。打撃では、高校通算20本塁打を記録。

高校卒業後は、関西学生野球連盟に加盟する立命館大学に進学。1年時の秋から公式戦に登板。 2年時はリーグ戦での登板無く終えたが秋の新人戦で優勝に貢献しMVPを受賞した。 3年秋になって先発で起用される機会が増え2勝、 優勝がかかった同志社大学戦で1安打10奪三振の快投を演じ初完投初完封勝利を挙げた。 4年時の春からエースとなり、秋はリーグタイ記録となる3連続完封を含む6勝(4完封)を挙げるも、優勝決定戦で同志社大学に敗れ2位に終わった。自身は、リーグトップの防御率0.78の成績を挙げ、最優秀投手とベストナインに選出された。リーグ戦通算29試合登板、11勝3敗、防御率1.45。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから育成1位指名を受けた。

2012年は支配下登録されることはなかったが、ファームでは13試合に登板し、5勝2敗、防御率3.26の成績を残した。

2013年はファームの先発要員として5月12日までに5試合に登板し、3勝1敗、防御率1.67の好成績を残したことや一軍で館山昌平や由規など先発の故障者が相次いだことから、5月13日に支配下登録された。5月15日の対埼玉西武ライオンズ2回戦(神宮球場)において先発投手としてプロ初登板を果たしたが、浅村栄斗に先頭打者本塁打を被弾するなど3回3失点で降板、敗戦投手となった。一軍の初登板機会において第一打者に本塁打を喫するのは球団史上4人目で、初回先頭打者本塁打の被弾は球団史上初である。

長身からワインドアップでテイクバック小さめに投げ下ろす角度のある最速147km/hのストレートと、スライダー・チェンジアップ・フォークを投げる。 奪三振率が高い一方で制球に課題があり、不安定な投球も目立つ。

高校通算20本塁打、大学のリーグ戦でも本塁打を放つなど、打撃も得意にしている。投手としては珍しいスイッチヒッターでもある。

徳山武陽の出身高校

徳山武陽出身高校
三田学園高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
805位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1989年7月21日生まれ

徳山武陽の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング