御法川信英の出身高校

御法川信英

御法川信英 議員

御法川 信英(みのりかわ のぶひで、1964年(昭和39年)5月25日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、財務副大臣(第2次安倍改造内閣)。秋田県大曲市(現・大仙市)出身。父は元衆議院議員の御法川英文。

秋田県立横手高等学校普通科、慶應義塾大学法学部卒業、コロンビア大学国際関係・公共政策学大学院修士修了。秋田銀行に入行したのち、父・英文の私設秘書、公設第一秘書を勤めた。

秋田3区の自民党候補は、英文と村岡兼造の間で、いわゆるコスタリカ方式を適用しており、2人が小選挙区と比例区を選挙毎に入れ替わりで出馬する事になっていた。しかし、第43回衆議院議員総選挙を前に英文が急死。村岡はコスタリカ方式の盟約は解消されたと一方的に判断して、比例区に回る予定を一転、小選挙区から出馬する。

これに、御法川陣営が反発。亡き英文の長男・信英を無所属で擁立し、保守分裂の弔い合戦となった。信英は民主党と連合の支援も受けて村岡を破り、2003年11月に衆議院議員に初当選。敗れた村岡は政界引退へと追い込まれた。当選後は支援を受けた民主党には入党せず、自民系無所属議員と院内会派「グループ改革」を結成。2004年6月に同会派を解散し自民党へ入党。2005年1月に自民党秋田県第3選挙区支部長に就任。

郵政民営化には採決の直前まで反対の立場だったが、武部勤自民党幹事長ら執行部の説得に応じ賛成票を投ずる。反対票を投じた場合の自身への刺客として村岡兼造の次男・村岡敏英の名を示唆されていた。2005年の総選挙で再選。同年11月に自民党国会対策副委員長就任。なお、派閥には所属していないものの、武部勤元自民党幹事長を中心に結成された党内政策集団「改革フォーラム 新しい風」(武部グループ)に属し、代表幹事を務めている。2007年には衆議院議事進行係に任命された。2008年8月、福田康夫改造内閣において外務大臣政務官に就任。

2009年の第45回衆議院議員総選挙では、再び村岡と対決するが、民主党の京野公子に敗れて共に落選。比例での復活当選も出来なかった。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙で当選。国政に復帰した。

2014年9月3日、第2次安倍改造内閣で財務副大臣に就任。2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で4選。

2014年、御法川の政治団体が選挙区内の有権者にカレンダーを配布していた。

2010年から2012年にかけて資金管理団体が作成した政治資金収支報告書に一部の収入が不記載となっている疑いがあることが判明している。

2004年、政治家の年金未納問題が注目された際に国民年金の未納が発覚している(1988年6月分)。

御法川信英の出身高校

御法川信英出身高校
横手高校 偏差値 秋田県高校偏差値ランキング
議員ランキング
620位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
生年月日
1964年(昭和39年)5月25日生まれ

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング