庄司悦大の出身高校

庄司悦大

庄司悦大 サッカー選手

庄司 悦大(しょうじ よしひろ、1989年9月14日 - )は、静岡県沼津市出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(MF)。Jリーグ・レノファ山口FC所属。

清水エスパルスのジュニアユース出身。専修大学3年次はレギュラーとして1部昇格に貢献。4年次はキャプテンに就任。チームの心臓として長澤和輝と共に攻撃的サッカーの面舵を担い、昇格初年度にして同校のリーグ戦初優勝を達成。個人としてもMVP・ベストイレブンを受賞。また、インカレにおいても殊勲の活躍でリーグ戦に次ぐ二冠を手にし、最優秀選手に選出された。2011年12月26日に2012年度からJリーグへの入会が確定したFC町田ゼルビアに加入。庄司の加入はゼルビアのJリーグ入会後の補強第一号となった。

2012年シーズンはルーキーながら開幕スタメンを奪取。シーズン中盤までコンスタントに出場を重ねていたが、中々勝ち点を積み重ねることができないチーム状況にあって終盤はベンチを温める日々が続いた。クラブが日本フットボールリーグ (JFL) に降格した2013年シーズンの新体制発表会において、副主将就任と背番号10番への変更が発表された。クラブがJ3リーグに移行した2014年シーズン前半はアンカーのポジションとしてレギュラーを守っていたが、自分の弱点を補おうとアンカー以外のポジションやプレーにチャレンジした結果として調子を崩し、シーズン終盤に町田の戦績が落ち込んで以降はベンチをも外れるようになり、シーズン終了を持って町田との契約満了が発表された。

2015年、J3リーグに参入したレノファ山口FCへ完全移籍。複数のチームからオファーがあった中で、町田時代の同僚だった岸田和人が監督の上野展裕に働きかけたのが大きかった、という。山口ではボランチ(アンカー)として、小塚和季とダブルボランチを形成。最終的には、怪我で欠場した1試合を除く35試合に先発出場(うち34試合がフル出場)を果たした。上野展裕監督をして「チームの心臓」と言わしめるほどの活躍を見せ、チームのJ2昇格に大きく貢献した。2015年12月11日、2016年シーズンの契約合意が決定し、ルーキーイヤーから4シーズン振りのJ2復帰となった。

庄司悦大の出身高校

庄司悦大出身高校
静岡市立清水商業高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1347位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1989年9月14日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング