広坂安伸の出身高校

広坂安伸 アナウンサー

広坂 安伸(ひろさか やすのぶ、1963年10月1日 - )は、NHKのチーフアナウンサー。

愛知県立半田高等学校を経て北海道大学法学部を卒業後、1988年入局。入局以来スポーツアナウンサーとして活躍しており、2008年8月、2009年8月に全国高等学校野球選手権大会決勝戦の放送席実況を担当。また、春夏合わせて7回の甲子園開会式実況を担当しており、これはNHKの現役アナとしては最多記録。

1998年の長野オリンピック実況以来、ウインタースポーツの中継も得意としている(出身校が北大、初任地が旭川ということも関係していると思われる)。2006年のトリノオリンピック、2010年のバンクーバーオリンピックではNHKと日本民間放送連盟に加盟する各社で構成されるジャパンコンソーシアムのアナウンサーの一員としてラジオ中継を担当(冬季オリンピックは正式にはNHK単独での中継)、フィギュアスケート、ジャンプなど音声のみで伝えることは困難とされる種目を正確にこなして実力を示した。

2012年のロンドンオリンピックではバレーボール女子の3位決定戦、日本対韓国戦の実況を担当し、『探していた、見失っていた光はロンドンの風の中にありました』と、ロサンゼルスオリンピック以来28年ぶりの日本の銅メダル獲得を実況した。

2013年プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの初の日本一をテレビ実況、「東北の夢、ここに叶いました」と伝えた。

旭川局時代

長野局時代

情報ネットワーク出向時代

その他の番組

広坂安伸の出身高校

広坂安伸出身高校
半田高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
アナウンサーランキング
443位 / 1802人中 アナウンサー別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1963年10月1日生まれ

アナウンサー偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


アナウンサー一覧

アナウンサー偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング