幸野志有人の出身高校

幸野志有人 プロサッカー選手

幸野 志有人(こうの しゅうと、1993年5月4日 - )は、東京都江戸川区出身のプロサッカー選手。ポジションは主にミッドフィールダー(セントラル・ミッドフィールダー)。

3歳の時にサッカーを始め、小学校卒業後にJFAアカデミー福島に進んだ同アカデミーの1期生。各年代の日本代表に選ばれており、2009 FIFA U-17ワールドカップには唯一の高校1年生選手として選出され 出場を果たした。

2010年、「(幸野は)ジュニアの頃から図抜けた存在だった」というFC東京の強化部長・鈴木徳彦 が同クラブのキャンプへ合流させ、そのプレーぶりから契約を打診。これに対し、アカデミーのスクールマスターだった田嶋幸三は、「(幸野はアカデミー内では)レベルが違うから、早く出してあげた方がいい」と、16歳でのプロ入りを後押しした。3月になり、アカデミーを途中卒校し FC東京とプロ契約を結んだことにより、アカデミー出身者初のJリーグ選手となった。自身と同じ背番号28を付けていた米本拓司を目標に挙げた。

2010年シーズンは5月22日のナビスコカップ第3節新潟戦で初のベンチ入り。11月17日の天皇杯4回戦の千葉戦にて途中起用され、プロとして公式戦デビューを果たした。

2011年より大分トリニータへ期限付き移籍。17歳、Jリーグ史上最年少での移籍となった。田坂和昭監督は幸野のボールキープ力とアグレッシブな守備を評価。第12節栃木SC戦でリーグ戦デビューすると、ボランチとしてだけでなくシャドーストライカーとしても起用され2列目からの飛び出しなど攻撃面での貢献も見せた。

2012年、FC東京に復帰。J1第9節柏戦でJ1での初出場を記録した。さらに試合経験を積むために 同年8月より、FC町田ゼルビアへ期限付き移籍。中盤の軸の一人として活躍し、第36節大分戦でプロ入り後の初得点を挙げた。

町田で得た手応えを確かにすべく、2013年よりV・ファーレン長崎に期限付き移籍。長崎では主にFWに配され、ポジションを入れ替えながら攻撃するゼロトップを構成した。

2014年シーズンは1年半ぶりにFC東京へ復帰。同年のナビスコカップ仙台戦でFC東京での初先発 の機会を得るも その後の主力定着はかなわず、同年8月よりジェフユナイテッド市原・千葉へ期限付き移籍。終盤にかけて右サイドハーフの先発に定着し、巧みなパスで 攻撃のアクセントとなった。

2015年、FC東京へ復帰。

その他の公式戦

幸野志有人の出身高校

幸野志有人出身高校
富岡高校 偏差値 福島県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
740位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1993年5月4日生まれ

幸野志有人の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング