幸田露伴の出身高校

幸田露伴出身高校
日比谷高校 偏差値
東京都高校偏差値ランキング
作家ランキング
84位/702人中(作家)
性別
男性
生年月日
1867年8月22日生まれ
作家別偏差値ランキングを見る

幸田 露伴(こうだ ろはん、慶応 (元号) 慶応3年7月23日 (旧暦) 7月23日(1867年8月20日) - 昭和22年(1947年)7月30日)は、日本の小説家。本名、成行(しげゆき)。別号には、蝸牛庵(かぎゅうあん)、笹のつゆ、雪音洞主、脱天子など多数。江戸(現東京都)下谷生れ。『風流仏』で評価され、「五重塔」「運命」などの作品で文壇での地位を確立。尾崎紅葉とともに紅露時代と呼ばれる時代を築いた。擬古典主義の代表的作家で、また古典や諸宗教にも通じ、多くの随筆や史伝のほか、『芭蕉七部集評釈』などの古典研究などを残した。第1回文化勲章受章。慶応3年(1867年)7月23日、江戸下谷三枚橋横町に、四男として生を受ける。父は幕臣の幸田利三(成延)で、母は猷。幸田家は江戸時代、大名の取次を職とする表御坊主衆であった。幼名は鉄四郎。もともと病弱であり、生後27日目にして医者の世話になるなど、幼時は何度も生死の境をさまよったことがあった。翌年、上野戦争が起こったため、浅草諏訪町に移る。下谷に戻った後、神田 (千代田区) 神田に落ち着いた。下谷泉橋通りの関千代(書家関雪江の姉)の塾で手習い、御徒士町の相田氏の塾で素読を学んだ。明治8年(1875年)、千代の勧めで東京師範学校下等小学校(後の東京教育大学付属小学校)に入学。このころから草双草、読本を愛読するようになった。卒業後の明治11年(1878年)、東京都立日比谷高等学校 東京府第一中学に入学する。尾崎紅葉や上田萬年、狩野亨吉らと同級生であった。のちに中退し、14歳になったとき、東京英学校(現在の青山学院大学)へ進むが、これも途中退学。東京府図書館に通うようになり、淡島寒月を知った。また兄成常の影響で俳諧に親しみ、さらに菊地松軒の迎義塾では、漢学、漢詩を学んだ。

幸田露伴の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

幸田露伴の評判・つぶやき

  • 水月

    水月 4年前

    久しぶりに文アルログインして幸田露伴落ちるまで帰れま10なう。この人ドロップだよねえ? #文アル"
  • みさっち@1/7 最遊記FESTA最会

    みさっち@1/7 最遊記FESTA最会 4年前

    今日は五重の塔回しまくってたら遂に幸田露伴キター!子安〜!! #文アル https://t.co/bnx8ldtGtd"
  • 蒼乃藍苺@ゲーム垢

    蒼乃藍苺@ゲーム垢 4年前

    とりあえず3章クリアしました…あとは頑張って幸田露伴手に入れるだけですいけるとこまでいきたい https://t.co/mL69TsT1yK"
  • 樟葉

    樟葉 4年前

    とりあえず幸田露伴さんは泥したからいいんだけど、あと3日で紅葉さんの衣装までは無理だよなぁ…"
  • 奈木(しぃ)いのちだいじに

    奈木(しぃ)いのちだいじに 4年前

    幸田露伴先生がきましたーーー!!! よかったーーー!!! https://t.co/WJuiVOmMyN"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 140

幸田露伴の関連著書

作家一覧

作家偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング