平岡一郎の出身高校

平岡一郎 プロ野球選手

平岡 一郎(ひらおか いちろう、1945年8月14日 - 1995年11月17日)は、日本の元プロ野球選手(投手)。左投げ左打ち。

神奈川県出身。横浜高校では1963年、エース井上健仁(東映)の控え投手として夏の甲子園に初出場。準決勝に進出するが、この大会に優勝した明星に敗退する。平岡は3回戦、準決勝でリリーフに立った。他のチームメートに佐野勝稔二塁手がいる。1965年に大洋ホエールズに入団。

一年目から一軍で31試合に登板、3勝をあげる。その後も主に中継ぎとして起用され、1967年、1968年にはリーグ最多登板を記録した。ローテーションの谷間には先発もこなす。

当時の三原脩監督から重用され、特に王貞治相手のワンポイントに起用されて「王キラー」と呼ばれる。王相手には通算50打数13安打、打率.260、10奪三振で被本塁打ゼロを記録。ただ王に言わせると「苦手とは思っていない」との事で、11シーズン対戦して、最後の6年間で19打数8安打と打ちこんでいる。

1969年には、「日本シリーズ対巨人対策」の一つとして、当時の濃人渉監督に請われ、坂井勝二投手との交換トレードでロッテオリオンズに移籍。実際に同年の日本シリーズで3試合に登板。翌年池田重喜投手との交換トレードでまた大洋に戻り、1976年広島東洋カープに移籍し同年引退。

1972年7月12日、広島相手のダブルヘッダーに連投し、同年3勝中の2勝を1日で挙げる珍記録も達成している。

平岡一郎の出身高校

平岡一郎出身高校
横浜高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2383位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1945年8月14日生まれ

平岡一郎の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


平岡一郎の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング