平井将生の出身高校

平井将生 サッカー選手

平井 将生(ひらい しょうき、1987年12月4日 - )は、徳島県徳島市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・アビスパ福岡所属。ポジションはフォワード。

地元の徳島県でサッカーを始め、高校進学の際プロサッカー選手になるべく、中学まで過ごした故郷の徳島を離れ、ガンバ大阪のユースチームでプレーするために単身大阪へと渡った。ユース時代の3年次には前十字じん帯断裂という大怪我に見舞われるが、クラブは将来性と才能を見込んでトップ契約を結び、2006年にガンバ大阪ユースからトップチームに昇格。この年に同時に昇格した6人組(平井、安田理大、横谷繁、植田龍仁朗、伊藤博幹、岡本英也)にはクラブによって「G6」という愛称がつけられていた。

2007年、当時の西野朗監督から一番好きだという背番号「14」を与えられ、メディアからは「浪速のアンリ」と呼ばれるようになる。この年、ゼロックススーパーカップに出場したが、リーグ戦では出場機会を得られなかった。2008年にリーグ戦初出場を果たし、7月2日のナビスコ杯準々決勝横浜F・マリノス戦で公式戦初ゴールを挙げた。将来のエースストライカー候補としてクラブからの期待は大きく、2009年に5年間の長期契約を結んだ。

2010年は、開幕からFWのポジション争いに打ち勝ちレギュラーを掴むと、ACLグループリーグ第3節シンガポール・アームド・フォーシズ戦ではプロ入り初のハットトリックを達成し、リーグ戦でもゴールを量産して得点王争いに加わり、チームトップ、日本人選手では前田遼一に次ぐリーグ5位タイの14得点を挙げる活躍を見せた。『Sports Graphic Number』2010年9月2日号では、トップスピードに到達するまでが早いと評された。2010年のシーズン終了後には、アジアサッカー連盟に提出するAFCアジアカップ2011の日本代表予備登録メンバー50名にも選ばれた。

2011年3月29日に開催されたチャリティーマッチ「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」では、Jリーグ選抜として出場。同シーズンは外国人FWの起用により、出場機会が減少し、スタメン起用された試合でも途中交代になるケースが多く、僅か5得点に留まった。

2012年よりアルビレックス新潟へ期限付き移籍。しかし新潟ではなかなか結果を出せずにチームも低迷。開幕当初は先発出場も多かったが次第に途中出場が多くなり、最終的にリーグ戦21試合に出場(うち先発4試合)して無得点に終わった。残留争いが佳境に入った25節以降の出場時間はわずか3分、30節以降の終盤4試合はベンチ入りメンバーからも外れた。この成績から新潟社長の田村貢からも「今年のFW補強は失敗」と断言されるが、本人は「試合には出られなかったが充実していた」とコメントを残した。

2013年、ガンバ大阪に復帰。J2第2節長崎戦では2得点を決めたが、その後はスタメンに定着することはできず、終盤は控えメンバーから外れることが多かった。シーズン終了後、契約満了により退団。

2014年、アビスパ福岡へ完全移籍。

その他の公式戦

その他の国際公式戦

平井将生の出身高校

平井将生出身高校
向陽台高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1712位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1987年12月4日生まれ

平井将生の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング