市古貞次の出身高校

市古貞次 学者

市古 貞次(いちこ ていじ、1911年5月5日 - 2004年3月25日)は、日本の国文学者。専門は中世日本文学。山梨県甲府市生まれ。旧制巣鴨中学校(現巣鴨中学校・高等学校)、第一高等学校 (旧制) 第一高等学校文科甲類を経て、1934年東京帝国大学文学部国文学科卒業。1976年から日本学士院会員、2000年日本学士院院長就任も、2001年健康上の問題で辞職。1990年文化勲章、1984年文化功労者、1973年紫綬褒章。全国大学国語国文学会代表理事、日本古典文学会理事長等も歴任。1936年東京帝国大学文学部副手、1939年第一高等学校 (旧制) 第一高等学校講師、1940年同教授、1950年東京大学教養学部助教授、1954年同大文学部助教授、1957年同教授。1973年東京大を定年退官し国文学研究資料館初代所長就任。

市古貞次の出身高校

市古貞次出身高校
巣鴨高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
学者ランキング
221位 / 1026人中 学者別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1911年5月5日生まれ

市古貞次の関連人物

学者偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

市古貞次の評判・つぶやき

  • 平徳子bot 4年前

    寂光院は岩に苔蒸して物さびた所だったので、いつまでも住んでいたいと思われる。露のおいている庭の荻原は霜に枯れてまがきの菊が枯れ枯れに色が変わるのを御覧になるにつけても、御自身の身の上のようだと思われた事であろう/平家物語:市古貞次氏 訳"
  • 平徳子bot 4年前

    これまで、吉田の房の様子は【平家物語全注釈下巻(二)富倉徳次郎:角川書店:H元年13版(初版S48)】を採用。女院出家の段は【日本古典文学全集:平家物語二 講注・市古貞次:小学館刊:S54年6版(初版S50)】採用。大きな違いはありませぬが口語訳が適当と思われる方で随時採用。"
  • 平徳子bot 4年前

    「あの人たちのお世話で生きようとは昔は夢にも思わなかった」とおっしゃって、女院は涙をお流しになるので、お付きの女房たちも、皆袖を絞ったことであった。//大原入:冨倉徳次郎氏訳 市古貞次氏訳もありますが、ここでは冨倉氏のほうを。)"
  • 平徳子bot 4年前

    何事も変わってしまったこの世なので、時たま親切に女院をお慰め申すような縁故のある人もみんななくなってしまって、どなたがお世話申し上げるともお見えにならなかった。/平家物語灌頂巻:女院出家/市古貞次・訳"
  • 平徳子bot 4年前

    尽きることのない御物思いのうえに、秋の哀れさまでも加わって、悲しみをこらえられぬようにお思いになった。/平家物語灌頂巻:女院出家/市古貞次・訳"

市古貞次の関連著書

学者一覧

学者偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング