川越真由の出身高校

川越真由 スポーツ選手

川越真由(かわごえ まゆ、本名岸真由1979年- )は大阪府出身の元卓球選手。四天王寺高校からミキハウス、健勝苑に所属した。現在明誠高等学校女子監督を務めている。2001年に大阪で行われた第46回世界卓球選手権で武田明子とのペアで24年ぶりの銅メダルを獲得した。

シングルスでは1993年の全国中学校卓球大会、1995年の全日本卓球選手権大会ジュニアの部で優勝、ダブルスでは辻本理恵とのペアで全日本カデットの部で優勝、武田明子とのペアで1995年の全日本カデットの部、1995年から1997年のインターハイで3連覇を達成した。

四天王寺高校を卒業しミキハウスに所属したが恵まれた環境からモチベーションがあがらず高島規郎のアドバイスを受けて健勝苑に移籍しレジスタード・プロとなった。

2000年のITTFプロツアーグランドファイナルに坂田倫子が引退したため坂田、内藤和子ペアの代わりに出場し準優勝した。そして2001年の世界卓球選手権でも武田明子とのペアで準決勝で朴海晶・金武校組に敗れたが銅メダルを獲得している。

川越真由の出身高校

川越真由出身高校
四天王寺高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
69位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング