川端康成の出身高校 作家

colspan="2" 受賞年: 1968年 colspan="2" 受賞部門: ノーベル文学賞川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家。大阪市北区 (大阪市) 北区此花町に生まれ、東京帝国大学国文学科を卒業。菊池寛に認められて文壇入り。横光利一らと共に「文芸時代」を創刊し、新感覚派の代表として活躍。『伊豆の踊子』『雪国 (文学) 雪国』『千羽鶴』『古都』などを発表し、1968年に日本人初のノーベル文学賞を受賞した。1972年、ガス自殺した。1899年6月14日、大阪市北区 (大阪市) 北区此花町に生れた。父は栄吉(医師)、母はゲン。姉芳子。幼くして近親者を亡くす。1901年に父が死去し、母の実家がある大阪府西成郡豊里村 (大阪府) 豊里村(現在の大阪市東淀川区)に移ったが、翌年に母も死亡し、祖父の三又郎、祖母のカネと一緒に三島郡 (大阪府) 三島郡豊川村(現在の茨木市)に移った。1906年、豊川尋常高等小学校(現在の茨木市立豊川小学校)、に入学。しかし9月に祖母が死に、1909年には別離していた姉も死亡した。1912年、大阪府立茨木中学校(現在の大阪府立茨木高等学校)に入学。2年後に祖父が死去したため、豊里村の黒田家が引き取ったが、中学校の寄宿舎に入り、そこで生活を始めた。

川端康成の出身高校

川端康成出身高校
茨木高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
作家ランキング
10位 / 人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1899年(明治32年)6月14日生まれ

川端康成の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

川端康成の評判・つぶやき

  • 日本浪曼派参(Bot)

    日本浪曼派参(Bot) 2ヶ月前

    男は決して女から処女を奪はないものだ。敵/川端康成"
  • ボビー・ブラウン

    ボビー・ブラウン 2ヶ月前

    作品の批評に作者の人物像を絡める(しかも勝手な推量)とか、どう考えてもありえんでしょう。川端康成が芸者のマンコを人差し指でほじくっていようがほじくってなかろうが、作品に対する評価と関係ねえのと同じことだ。"
  • shibuya

    shibuya 2ヶ月前

    『一輪の花美しくあらば、われもまた生きてあらん』川端康成"
  • まつり

    まつり 2ヶ月前

    《越後湯沢温泉(新潟県)》越後湯沢温泉(えちごゆざわおんせん)は、新潟県南魚沼郡湯沢町にある温泉地です。 あの有名な川端康成の名作『雪国』の舞台になった温泉町です。温泉の効能:一般的適応症"
  • まやともまや

    まやともまや 2ヶ月前

    なんとなく好きで、その時は好きだとも言わなかった人のほうが、いつまでもなつかしいのね。忘れられないのね。別れたあとってそうらしいわ。 川端康成"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 327

川端康成の関連著書

作家一覧

作家偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)

高校偏差値ランキング
大学偏差値ランキング
企業年収ランキング


お問い合わせ 2017-2017 高校偏差値ナビ © All rights reserved.