川島隆太の出身高校

川島隆太

川島隆太 学者

川島 隆太(かわしま りゅうた、1959年5月23日 - )は、千葉県出身の医学者。医学博士(東北大学、1989年)。東北大学加齢医学研究所教授を務めている。 実父・川島勝弘は、放射線医学の研究者で元北里大学教授、元科学技術庁放射線医学総合研究所副所長。

医学部学生時代はラグビー部に所属していた。バイクが好きといわれている。

専門分野はヒトの脳活動の仕組みの解明、研究と応用。認知症(痴呆症またはアルツハイマー症)患者の脳機能の回復、高齢者の認知症の予防または脳機能の改善、幼少児の脳機能の発達促進を目的に、産学共同で「脳イメージング」(「脳機能イメージング」または「ブレインイメージング」)理論の研究に取り組んでいる。

研究成果の1つとして発表したのが「学習療法」。毎日あるいは最低でも週3日以上、10分から20分ほど継続的に読み・書き・計算を反復学習することによって、非薬物療法として、認知症患者の脳の再活性化を促し、脳機能の改善、回復を促すという理論である。著書の中で音読・単純計算が脳を鍛えるなどと述べられている。また、そろばんと脳の研究にも目を向け、現在は日本珠算連盟の有識者懇談会座長に就任している。「学習療法」を一般の人向けにアレンジした本が、「脳を鍛える大人の計算ドリル」と「脳を鍛える大人の音読ドリル」シリーズである。これらは2004年、一大ブームとなり、シリーズ合計350万部(2006年4月現在)を売り上げている。同年には、学習療法を携帯型の知育玩具にして、手軽に楽しめるようにした「脳力トレーナー」がセガトイズより発売され、9ヶ月間で20万台を売り上げるヒット商品となった。2005年には、タッチペンを使って楽しく脳の活性化や脳年齢の測定ができるニンテンドーDS用ソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」が任天堂より発売、こちらもシリーズ2作の販売合計が870万本(2009年1月現在)を突破する爆発的ヒットとなっている(ゲームでは川島の顔の3Dイラストが登場して、プレーヤーに話しかけたりアドバイスを与えたりする)。2006年には、同ソフトの北米版と欧州版も発売され、好調な売り上げを見せている。)。2008年6月にはニンテンドーDSソフト「日本珠算連盟監修いつでもそろばんDS」(フォーウィンズより発売)の推薦もしている。

なお、「『学習療法®』は東北大学・川島隆太教授と公文教育研究会の登録商標」であると、日本公文教育研究会の学習療法研究会公式サイトには表明されており、障害児の教育にも効果があるとうたわれている(「障害や年齢にとらわれずにその子の力に応じた学習を」「障害児の教育」)。

一方で、川島が提唱する学習療法および、いわゆる脳トレブーム全般(川島が監修したものではないブームに便乗した商品も含む)への批判も少なからず存在する。

元・北海道大学教授の澤口俊之による「この学習療法が認知症患者に対して効果があるのは、その患者の脳血流量が極端に減っているためである」という説がある。

週刊朝日は、久保田競(認知神経科学。京大霊長類研究所時代の川島の指導教官)による「(学習療法の効果を論じた川島論文は)不備な点や論理の飛躍が多く、科学的な根拠を示しているとはとても言えない」という指摘、前掲澤口による「20代の健常者を対象とした、そろばん計算などでは複雑な計算時の方が、より前頭前野の血流量が増えるという検証データもある」という指摘、東京都精神医学総合研究所・星詳子リサーチディレクターによる「単純に脳の血流量の増減だけで脳の機能を論じることは難しい」「前頭前野は習熟した行動には関与しなくなる傾向があるので、その場合は血流量の増加が認められなくなる」という指摘などを報じている。

また、理化学研究所の津本忠治は「一部の研究者あるいは自称「脳科学者」が十分なコントロールのデータもなく言っている戯言」と一蹴。また同研究所の加藤忠史は自身の論文の中で心理的ストレス、けいれん、覚醒剤投与などでも血液が増加することが報告されているのを指摘し、『「痛みで脳を活性化」、「ストレスで脳を活性化」と言われても誰も納得しないだろう』と述べている。

批判他。

川島隆太の出身高校

川島隆太出身高校
千葉南高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
学者ランキング
710位 / 1026人中 学者別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1959年5月23日生まれ

学者偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

川島隆太の評判・つぶやき

  • 子育て関連情報

    子育て関連情報 3年前

    脳トレで有名・川島隆太教授が松戸で講演会『脳科学が解き明かす乳幼児期の家庭教育』:… #子育て"
  • 脳科学ってすごい!

    脳科学ってすごい! 3年前

    脳トレで有名・川島隆太教授が松戸で講演会『脳科学が解き明かす乳幼児期の家庭教育』 - dot. "
  • 子育て支援★BOT

    子育て支援★BOT 3年前

    子どものテレビ視聴に関しては昔から賛否両論ありますが、脳トレでおなじみの東北大の川島隆太教授(脳科学)調査で長時間視聴は脳に悪影響ということが発表されました。"
  • 千葉県花火大会とお祭り等イベント情報

    千葉県花火大会とお祭り等イベント情報 3年前

    川島隆太教授 幼児教育講演会 (松戸市)#千葉 #松戸市 "
  • 千葉県松戸市ニュース

    千葉県松戸市ニュース 3年前

    【千葉県松戸市ニュース】脳トレで有名・川島隆太教授が松戸で講演会『脳科学が解き明かす乳幼児期の家庭教育』:… "
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 

学者一覧

学者偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング