川原新治の出身高校

川原新治 プロ野球選手

川原 新治(かわはら しんじ、1962年2月5日 - )は日本の元プロ野球選手。大阪市鶴見区出身。

太成高等学校から大阪商業大学へ進学。関西六大学リーグでは、同期の清川栄治との二本柱で1982年春季リーグから3連覇を果たす。1982年の明治神宮野球大会では準優勝。リーグ通算48試合に登板し23勝8敗、防御率0.97。3年次には春秋のリーグ戦で、現在でもリーグ記録である7試合連続完封勝利と77イニング連続無失点を記録。1983年秋季のリーグ戦では新制関西六大学リーグでは初のノーヒットノーランを達成した。3季連続で最優秀選手に選ばれている。

1983年ドラフト4位で阪神タイガースに入団。1年目の9月に一軍初勝利をあげ、ウエスタンリーグでも6勝5敗、防御率2.14と実績を積む。阪神が優勝した1985年には抑え投手にと期待されていたが、今ひとつ球威が足りずあまり活躍できなかった。7月のヤクルト戦で初の先発に起用される。その後は登板機会も減り、1987年限りで現役引退。アンダースローの技巧派で球速はないが、切れの良いカーブ、シュート、シンカーを武器にしていた。

その後1988年からは阪神で打撃投手を務める(1989年のみ二軍コーチ兼任)。

川原新治の出身高校

川原新治出身高校
太成学院大学高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
4160位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1962年2月5日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング