川保麻弥の出身高校

川保麻弥 プロ野球選手

選手歴

コーチ・監督歴

血液型はB型。現役引退後の2014年からは、日本女子プロ野球機構加盟球団のイースト・アストライアで監督を務める。

小学校2年生の時に、実家の近所に住む少年野球のコーチに勧められて、地元のスポーツ少年団で野球を始めた。小学校5年生から捕手に転向。「女性の体力や筋力では、時速150kmのボールを投げられない。でも、ブルペンキャッチャーとしてボールを捕ることなら、男性でも女性でも関係なさそう」という理由から、読売ジャイアンツのブルペン捕手を志していた。

上尾市立東中学校時代には軟式野球部に所属。埼玉栄高等学校への進学後は、女子硬式野球部に在籍するとともに、捕手として坪内瞳投手との同級生バッテリーで活躍した。1年生の時には、高校生の選手でただ1人、女子硬式野球日本代表へ選出。2年生の時に全国高等学校女子硬式野球選抜大会、3年生の時に全国高等学校女子硬式野球選手権大会で、それぞれ優勝を経験している。

日本体育大学への進学後に、女子硬式野球チーム新波を発足。関東地方の女子アマチュア硬式野球リーグ・ヴィーナスリーグでは、捕手などのベストナインに3度選ばれたほか、2007年秋には首位打者を獲得した。また、同リーグの公式戦では、通算本塁打(6本塁打)およびシーズン本塁打(4本塁打)の最多記録を樹立。通算本塁打記録については、2013年のシーズン終了時点でも破られていない。

大学卒業後の2008年から、体育教諭として上尾市立大石中学校に勤務。男子野球部の顧問として50人の部員をまとめていたが、2009年に日本女子プロ野球機構による第1回合同トライアウトで合格したことを機に、中学校を退職した。同年12月のドラフト会議で、兵庫スイングスマイリーズへの加入が決定。同チームへ同時に加入した坪内と、再びバッテリーを組むことになった。

プロ1年目の2010年には、スイングスマイリーズの初代主将を務めながら、公式戦で最多打点および最高盗塁阻止率を記録。シーズン終了後には、リーグの初代MVP(角谷賞)に選ばれた。 2011年には、ケガの影響で前半戦こそ不振に陥ったが、後半から4番打者に定着。2年連続で最多打点・最高盗塁阻止率を記録するとともに、前後期2シーズン制の下で、チームもリーグ創設以来の4連覇を達成した。また、同年から2年連続で、捕手としてベストナインに選ばれている。

2012年シーズン終了後の球団再編によって、所属球団をイースト・アストライアに変更。2013年には、コーチ兼任の捕手として、チームの年間優勝に貢献した。

「選手以外で女子野球・女子プロ野球を盛り上げたい、野球に取り組む女の子たちのサポートをしたい」という理由から、イースト・アストライアの年間優勝を花道に、2013年10月に現役引退を表明。女子プロ野球での通算成績は、公式戦163試合の出場で、打率.289(505打数146安打0本塁打)、103打点、7盗塁、長打率.370、出塁率.343であった。

現役引退後も女子野球や女子プロ野球に携わる意向を示していたが、2014年からイースト・アストライアの2代目監督に就任し、東地区優勝へと導いた。

川保麻弥の出身高校

川保麻弥出身高校
埼玉栄高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
671位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1984年4月6日生まれ
血液型
A型

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング