川上未映子の出身高校

川上未映子

川上未映子 作家

川上 未映子(かわかみ みえこ、1976年8月29日 - )は、日本の小説家、詩人、ミュージシャン、女優。音楽活動時は未映子(みえこ)名義も使用する。血液型はB型。

大阪府大阪市城東区に生まれる。大阪市立すみれ小学校、大阪市立菫中学校、大阪市立工芸高等学校卒業。昼間は本屋でアルバイトをしながらバンド活動、夜は北新地の高級クラブでホステスをし、売れっ子になった。その稼ぎは、弟への仕送りと自分の学費に。日本大学通信教育部文理学部哲学科に在学中。

2002年、ビクターエンタテインメントより川上三枝子名義でデビュー、アルバム『うちにかえろう~Free Flowers~』を発表。その後、「未映子」と改名し音楽活動を行う。2004年にアルバム『夢みる機械』を発表。2005年にセルフプロデュースアルバム『頭の中と世界の結婚』を発売。同年に文芸雑誌『ユリイカ』に自ら電話をかけて詩の掲載を希望するが、投稿を促される。しかし誌面のデザイン、文字組のイメージが作風と異なるためにそれを断る。その後「文化系女子特集」にて「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」が初掲載される。2006年に所属レコード会社の元担当者と結婚していたが、2010年に離婚する。『WB』vol.07に「感じる専門家採用試験」を発表。

2007年第1回剣玉基金を受けて「わたくし率 イン 歯ー、または世界」を『早稲田文学0』に発表。同作で第137回芥川賞候補作となり注目を集める。同年第1回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞受賞。大賞は村上春樹。単行本『わたくし率 イン 歯ー、または世界』で第29回野間文芸新人賞候補・第24回織田作之助賞候補となる。

2008年1月16日、「乳と卵(ちちとらん)」で第138回芥川龍之介賞受賞が発表される。受賞の際の感想の言葉は「めさんこ、うれしい」。母への連絡の言葉は「お母さん、芥川賞とったでぇ。ほんま。ありがとぉ」。3月、特定非営利活動法人「わたくし、つまりNobody」より第1回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞。10月、MFUが主催する、ベストデビュタント賞2008を受賞。11月、ヴォーグ・ジャパンが主催する、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2008を受賞。

2009年、4月、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞を受賞。2010年、1月、映画『パンドラの匣』でキネマ旬報新人女優賞を受賞。同作で3月、おおさかシネマフェスティバル新人女優賞を受賞。3月、小説『ヘヴン』で平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。8月、第20回紫式部文学賞受賞。2011年10月、同じ芥川賞作家の阿部和重と再婚。2012年5月末に出産した。

関西弁を用いたリズムある文体が特徴で、自我をテーマとした作品が多い。永井均に影響を受けたと語っている。

小説や詩の文章が音楽的だといわれることがよくあるようだが、本人は「そうではないと思う。音楽という、文学とは違う現場の無意識を持ち込んでいる部分はあると思うけど」と語っている。

好きな食べ物は春雨で、「あらゆるものの中で一番好き」と語るほどの大好物である。特に好きなのはタイ料理のヤムウンセンで、自分でも作れるという。

小学生時代、自由なテーマで作文するという課題で、祖父の死を採り上げたところ、オオタケ先生に大変誉められたことが印象に残っている。(NHK「スタジオパークからこんにちは」2009年10月14日)

長所は短時間で集中できるところで、短所は集中力が長続きしないこと。

“4時”に強い恐怖感をいだいており、例えば朝に寝て、起きた時間が夕方4時だったときには「すべての恐怖がいっせいにやってくるような気持ちになる」という。ただし、書くべき“時間”も“4時”しか無いと述べている。

弟はラグビー選手の川上利明(常翔学園高等学校・明治大学・神戸製鋼・NTTコミュニケーションズ)

キネマ旬報新人女優賞を受賞。 おおさかシネマフェスティバル新人女優賞を受賞。

川上未映子の出身高校

川上未映子出身高校
工芸高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
作家ランキング
657位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1976年8月29日生まれ
血液型
A型

川上未映子の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

川上未映子の評判・つぶやき

  • ことば

    ことば 3年前

    悪いことばかりじゃないよ。おなじくらい、いいことだって起きてる。@愛の夢とか/川上未映子"
  • あやちん大統領

    あやちん大統領 3年前

    川上未映子さん「あこがれ」】インターネットやスマホを駆使して、目の前の課題を解決していくところは、まさに現代に生きる小学生の姿ですが、日常的な交流によって、お互いの不安や悩み、喜びを感じ取り、寄り添い、助け合っていこうとする姿勢に気付かされることが多々ありました。"
  • あやちん大統領

    あやちん大統領 3年前

    川上未映子さん「あこがれ」】第2章の「苺ジャムから苺をひけば」がとてもよかった。小学6年生の女の子と男の子の、お互いの心情の動きが繊細に丁寧に描かれていました。異性として意識し始める一歩手前、本当に仲のよい友だち同士という距離感が爽やかで、心地よく読み進めることができました。"
  • ムカムカ

    ムカムカ 3年前

    11/21更新♪ 王様のブランチ ブックランキング ★第8位★ あこがれ 川上未映子 "
  • words

    words 3年前

    真夜中はなぜこんなにきれいなんだろうと思う。それはきっと真夜中には世界が半分になるからです。―昼間のおおきな光が去って残された半分がありったけのちからで光ってみせるから真夜中の光はとくべつなんですよ。(『すべての真夜中の恋人たち』川上未映子p3)"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 

川上未映子の関連著書

作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング