嶋重宣の出身高校

嶋重宣

嶋重宣 プロ野球選手

嶋 重宣(しま しげのぶ、1976年6月16日 - )は、北海道札幌市生まれ、埼玉県上福岡市(現:ふじみ野市)出身の元プロ野球選手(外野手、内野手、投手)。現在は埼玉西武ライオンズの二軍外野守備走塁コーチ兼打撃コーチ。

ポジションは投手(1995 - 1999)→内野手(2000 - 2004)→外野手(2005 - 2013)。

小学1年生時に野球を始める。中学では上福岡シニアに所属し、三澤興一の2年後輩、高橋和幸の1年先輩。1年次から投手として注目を集め、3年次に関東大会に出場した。また、当時埼玉栄高野球部監督だった若生正廣を慕っており、中学卒業後は若生が異動した東北高校に進学した。

東北高校では2年春の第65回選抜高等学校野球大会と夏の第75回全国高等学校野球選手権大会、3年春の第66回選抜高等学校野球大会と、3度甲子園に出場した。高校通算では28本塁打を記録している。

同学年で同じサウスポーの小野仁(当時秋田経法大附高)とともに140km/hを超えるストレートを武器としており、全国屈指の左腕投手として注目を集めていた。2年秋の東北大会では準決勝で対決、ともに延長16回を完投して、嶋の19奪三振、小野の24奪三振の快投で4時間を越える試合を戦い、1-0で東北高校がサヨナラ勝ちを収めている。

3年時には小野とともに高校生として史上初めて日本代表に選出され、キューバ戦に登板。小野は3番オマール・リナレスから、嶋は4番オレステス・キンデランから三振を奪った。またやはり同学年で仙台育英高の金村曉は同県のライバルだった。

1994年のドラフト2位で投手として、広島東洋カープに入団。獲得に当たった苑田聡彦スカウトは投手としての成功を信じており、嶋に対してコーチの前でバットを振らないよう念を押している。これは当時から打力の高さも認められるところであり、打者転向を避けて投手として勝負するためだった。

一軍では2試合に登板したが勝利を挙げられなかった。1998年3月7日のオープン戦(対ヤクルト・福山市民球場)では、プレイボール直後の初球で飯田哲也に頭部危険球、わずか1球で退場になってしまうという珍記録を樹立。ちなみにプロ初先発の試合では投手ながら2点タイムリーを放っている。

野手転向1年目となった1999年には、打率.280、プロ入り初を含む3本塁打を放つ活躍を見せた。二軍でも3割を超える成績を度々残し、2002年には打率.314でウエスタン・リーグ首位打者も獲得したが、持病の腰痛や前田智徳・緒方孝市・金本知憲などの外野手層は厚く、試合出場に恵まれずにいた。

転機となったのは、2004年である。オープン戦から好成績を残し、前年に阪神タイガースに移籍した金本の穴を埋める候補として、開幕一軍入りを勝ち取った。4月は主に2番を打ちながら、4割を超える高打率を記録するなどの大活躍を見せ、一気に右翼手のレギュラーに定着し、監督推薦によるオールスターゲームにも初出場した。後半戦からは中軸を任されるようになり、グレッグ・ラロッカに次ぐチーム2位の32本塁打を放つなど、長打力も十二分に発揮した。その後も順調に安打を量産し続け、一時は当時のリーグ記録であったロバート・ローズの192安打の更新も期待されたが、終盤に疲労と腰痛等の影響で失速し、189安打に終わる。このシーズンは首位打者と最多安打、更にベストナインのタイトルを獲得。シーズンオフには日米野球のメンバーに選出され、ニックネームの「赤ゴジラ」が同年の流行語大賞でも話題となるなど、多方面から注目を浴びた一年となった。

2005年は他球団の警戒もあり、打率は1度も3割に到達しないままシーズンを終えたが、後半戦からは本来の調子を取り戻し、打率.288、27本塁打とクリーンナップにふさわしい成績を残した。

2006年は更に打率を下げてしまい前半戦は2割7分台程度にとどまり、腰痛の悪化も相まってこのシーズン以降は下位を打ったり、スタメンを外れることも多くなる。しかし代打では重要なところで本塁打も放った。後半戦に入った途端に打撃の調子を上げ、8月23日に2本塁打を放ち、3年連続で20本塁打を達成した。しかし、9月25日にバットスイングからくる右肩痛を発症し、登録抹消された。ブラウン監督は「今季の残り試合数を考えれば、もう戻らない」と無理をさせぬよう出場させなかった。

2007年シーズン前にアメリカに渡ってトレーニングし、節制する等体調管理を心掛けてシーズンイン。しかし、前年の肩痛が再発したため前半から中盤まで酷い不振に陥った。9月以降にようやく調子を取り戻すが、前年より更に低い成績に終わった。ただし長打力は健在で、新井貴浩とほぼ遜色ない本塁打率を記録した。

2008年はレギュラーの座を剥奪され、3、4月は代打中心となり、二軍落ちも経験するなど、苦しいスタートとなった。しかし内田コーチと二人三脚でフォーム改造に取り組み、5月25日に千葉ロッテマリーンズ戦で同点となる代打3点本塁打を、6月12日にもロッテ戦で代打逆転2点本塁打を放った。以降、調子を取り戻し先発出場も増え、オールスター明け後は完全にスタメンを手中にした。規定打席には届かなかったものの、4年ぶりに打率3割を記録。打席数が少ないものの四球40は栗原健太の42に続くチーム2位で、出塁率.394は規定未満ながらもリーグ5位相当の数字である。一方、本塁打数は前年の半分の7本に落とし、2004年から継続していた連続2桁本塁打記録は4年で止まった。同年オフの10月9日に群馬県館林市内の病院で内視鏡による左ひじ関節の手術を受けた。

2009年のオープン戦序盤は左ひじ痛の影響もあり21打数無安打と苦しんだが、3月22日に行われた広島市民球場での最後の一軍の試合となった阪神とのオープン戦では、6回に石川俊介からホームランを放ち、以降の3試合で8打数4安打2本塁打と復調した。 しかし、シーズンでは、不調に終わり打率.229と結果を残せなかった。

2010年は、赤松真人、廣瀬純、天谷宗一郎、ジェフ・フィオレンティーノなど外野の定位置を競うライバルが多く、序盤は代打としての起用が主だった。しかし天谷やフィオレンティーノが打撃面で結果を残せなかったため、次第に先発出場の機会を増やしていった。不動の4番打者だった栗原が長期離脱した間は代役を務め、23試合に4番打者として出場した。規定打席には届かなかったものの、3年ぶりに二桁本塁打をマークするなど2009年より成績を上げた。シーズン中に国内移籍が可能なFA権を取得したが、10月に権利を行使せずに広島に残留することを表明した。

2011年7月24日に海外FA権を取得したが、行使しないことを表明した。7月31日の対中日戦(マツダ)では、延長11回に代打として出場し、河原純一からプロ入り初のサヨナラ安打を放った。

2012年3月10日、江草仁貴との交換トレードにより埼玉西武ライオンズに移籍することが発表された。背番号は42となった。開幕からDHでスタメン出場し、3月31日にはプロ入り通算1000試合出場(史上448人目)を果たしている。

2013年は9試合の出場に終わり、戦力外通告を受けた。10月2日には、現役引退が発表された。

2013年10月22日、二軍守備走塁コーチ兼打撃コーチ補佐への就任が発表された。その後シーズン中に「補佐」の肩書きが取れ二軍守備走塁コーチ兼打撃コーチとなる。

嶋重宣の出身高校

嶋重宣出身高校
東北高校 偏差値 宮城県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1896位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1976年6月16日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング