島田洋七の出身高校

島田洋七出身高校
広陵高校 偏差値
奈良県高校偏差値ランキング
お笑い芸人ランキング
308位/405人中(お笑い芸人)
性別
男性
生年月日
1950年2月10日生まれ
お笑い芸人別偏差値ランキングを見る

島田 洋七(しまだ ようしち、1950年2月10日 - )は、日本の漫才師、タレント、作家。漫才コンビB&Bのひとり。本名:徳永 昭広(とくなが あきひろ)。

広島県広島市白島九軒町出身(基町生まれ)。島田オフィス、オスカープロモーション所属。

1980年代、漫才ブームのパイオニアとなり[7][8][9][10][11][12][13][14][15]、月収1億円の時代から、人気急降下、そして2000年代のベストセラー作家と、ジェットコースターの様な激動の人生を歩むお笑い芸人である[16]。ビートたけしの親友としても知られる[17][18]。下の名前の読みは「ようひち」との表記説が多く言われているが、本人にいわく「どっちでもいいが分かりやすい『ようしち』が良い」との事(大阪弁では質や七を「しち」ではなく、「ひち」と読むためである。逆にビートたけしが使用する江戸言葉では、「おひたし」を「おしたし」というように、「ひ」を「し」と呼ぶ傾向がある)。

1950年広島市生まれ。父親は疎開していた佐賀から広島市への原子爆弾投下一週間後の広島に戻り、家族を探して爆心地を歩き回り入市被爆した。洋七が生まれた頃は病床にあり洋七2歳のとき原爆症で亡くなる[14]。家族は母・兄・洋七の三人。

広島市立幟町小学校1年生6歳の頃、佐賀の祖母に預けられ、中学を卒業するまでの8年間の体験が『佐賀のがばいばあちゃん』として後に出版されベストセラーとなり、映画化・ドラマ化された。

佐賀市立赤松小学校、佐賀市立城南中学校と進むが、母親への思慕が募り、また野球がうまかったこともあり、1965年春、高校野球の名門・広陵高校に入学し、故郷・広島に戻る。洋七は新人のころ、島田紳助や明石家さんまら、芸人仲間に「広陵高校の野球部出身で、甲子園にセカンドで出た」と言いふらしていたため、皆これを信じていたが、後にウソが発覚した。広陵入学から大阪に行くまでの経歴は、野球特待生として推薦入学したが、練習中に打球が左腕を直撃して肘を痛め、野球をあきらめた、野球部には一年生の夏まで在籍した、一年以上たっても患部が治らないまま、退部したなどと話している。河井昭司が同期。当時の野球部監督は森岡栄司である(名将といわれた三原新二郎監督の就任は1966年)。広島東洋カープの主力投手だった佐伯和司は3学年下となる。一方的な洋七のしゃべりは、時にはブレーキが利かなくなり、現実とシャレの境目がわからなくなる。自分の経歴ですらその場の空気によっては、マジとシャレを入り混ぜて話してしまい、それが独り歩きしてしまっていると考えられる。

広島工業大学土木工学科に進学するも中退[9]。八百屋に1年半住み込みで働くなどした後、19歳の頃、再び佐賀に戻り、当時デパートに勤めていた今の妻と知り合う。20歳のとき、二人で東京へ駆け落ち。東京へ行った目的は歌手になるためだったという。間もなく妻の貯金も尽き高校の先輩に誘われ大阪に移る。

1970年、なんば花月で笑福亭仁鶴の落語や、中田カウス・ボタンの漫才を観たのがきっかけで芸人になろうと決意。中田カウスがポルシェ(仁鶴がベンツ)で帰るのを見て「15分笑わせるだけでお金が稼げるなんて、こんないい商売があるのか」と、とても簡単そうに見えたのが決意した理由という。先の先輩が吉本興業の関係者と知り合いで紹介してもらい、うめだ花月の進行係として採用される。当初仁鶴に弟子入りを志願したが言葉の訛りを理由に断られ、次に美人の今喜多代、優しそうな島田洋之介に惚れ弟子入りを願う。しかし同様の理由で弟子入り志願者が多く、毎日師匠の元に通い、1ヶ月と4日目の1971年5月に弟子入りを許された。弟子入り直後には兄弟子の島田一の介とコンビを組んだ事もあったが、互いに訛りが強く程なく解散したという。

弟子入りしてから一年二ヶ月後の1972年、桂三枝の紹介で、現在放送作家として活動している団順一(萩原芳樹)と初代B&Bを結成、島田洋一名で漫才師としてデビュー。

詳細はB&B (お笑いコンビ)を参照。

東京の漫才協団に加入し、戸崎事務所に移籍。1980年1月、澤田隆治プロデュースによる「花王名人劇場」(関西テレビ)「激突!漫才新幹線」に大抜擢され出演、漫才を変えたといわれる、スピードとスタイルで、大きな反響を巻き起す[11]。同年4月から始まった「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ)でも、先兵役を務めて、ケタ違いの実力を見せ、ストレートで10週を勝ち抜き初代グランプリとなり大ブレイク、漫才ブームを引き起こす[9][49][50][51][52]。また同年4月からの「THE MANZAI」でも第一回放送から出演し漫才ブームを牽引した[53]。女は常に八角関係、たけしと一千万で銀座のクラブを貸し切ったり[54][55][56]。金沢のホテルで、たけしとそのまんま東の三人で150万円飲んだり[57]、現金2000万円持参でベンツを買いに行ったりするなどの豪遊をした[58][59]。ビートたけしは「ショクナイ(業界用語で内職のこと)で洋七と営業に行くと、1時間ぐらいしゃべって700万~800万円もらえたんだよ。折半だからね。ショクナイしまくったね」と話している[54][60]。

1981年5月から始まった『オレたちひょうきん族』では、B&Bは裏の日本テレビ『爆笑ヒット大進撃!!』で、レギュラーを持っており、ひょうきん族への参加は半年遅れ[61]、たけしと明石家さんまがメインで洋七は完全に脇に回る。また、1982年の「笑ってる場合ですよ!」終了と同時に人気が急降下、1983年秋にB&Bを解散。精神的な理由で6年間の休養生活に入り、表舞台から姿を消した[62]。その後、国分健二(浮世亭ケンジ)と新コンビ「スティング」を結成したり、間寛平と「洋・寛」という漫才コンビを結成したりするも、いずれも長続きしなかった。間寛平の絡みで萩本欽一の欽ちゃんファミリー入りしたこともある。またかねてより事業欲も旺盛で、最盛期には当時都内の一等地に下北沢など数軒しかなかった広島風お好み焼き店“モミジハウス”を新宿・渋谷・原宿パレフランスビル地下1F(1F・オーバカナル(AUX BACCHANALE))他、新宿・渋谷・などの一等地に6店舗展開などの一等地に6店舗展開[54]。しかし後に母親の要求に応じて全て閉店してしまう[57]。この頃『たかじんnoばぁ~』のイレギュラー出演以外は仕事が無かったので、たけしの仕事場に付いて回る。たけし軍団のコック長みたいなことを7年間くらい続ける[62]。また、竜雷太と土地がらみの問題で裁判になり、勝訴するも結局借金しか残らなかった。1992年には『北野ファンクラブ』の企画で、ビートたけしと「B&Beat」というコンビを組み、テレビで漫才を披露した[63]。1995年第17回参議院議員通常選挙に当時居を置いた埼玉県選挙区から出馬[64][65]。洋八やぼんちおさむら昔の仲間が応援してくれたが、高速道路で演説したり他県で演説したりで落選。このため新潟県で2票入ったという逸話が残る。芸人引退を決意し、たけしに相談するが、「芸人をやめるなら友達づきあいをやめるぞ!」と一喝され、引退を思いとどまる[66]。1996年、一度は契約を解除された吉本に頭を下げて復帰を許され[67]、生涯一漫才師を誓い、洋八と再びB&Bを復活させ、こつこつと仕事をこなす[68]。

吉本復帰後はたけしに関連する番組に出演することが増える。たけしに「出ろよ」と誘われて出演した『平成教育委員会(当時はたけしと並んで、もう一人の番組の顔であった逸見政孝が病死した後であった)』も、いつまでも頼ってはマズいと数回で出演を止める[18]。この他にも、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』にたけし軍団員や、若手芸人の混じって参加するなどしている。この頃、レギュラーを持っていたラジオのゲストに学者や野球選手が来ると「これから講演に行く」と聞かされ、興味を持ち、塩田丸男に紹介された群馬県の商工会議所を皮切りに講演をはじめる[10][69][70][14]。祖母との思い出は恥ずかしい過去でもあり、あまり他人に話してなかった。しかし講演で祖母の話をすると非常に受け、たけしと寿司屋で飲んだとき、たけしの母親自慢に対抗して、ばあちゃんの話をしたら涙を流してたけしが大笑いし「絶対に本にすべき」とアドバイスされたことから1987年、話をまとめて出版社に持ち込む[17][71]。しかし、「お笑いの人にしては話が地味」として請けてもらえず、40社まわったが出版できなかった。やむなくNGKの楽屋やNHKロビーにカンパ箱を置き、お笑い仲間、佐賀や広島の人達からもカンパを募り、東京の小出版社から1987年12月、自費出版で単行本にし、当初3000部を出版[17][72]。この時のタイトルは、たけしに付けてもらった「振り向けば哀しくもなく」だった[17][73][74]。さほど評判になることもなく廃刊となっていたが、初出版から14年後の2002年に佐賀地域だけで売れたらいいと思い「佐賀のがばいばあちゃん」と改題し二度目の自費出版[72]。この時は自費出版では珍しく2万部を売上げ少々話題となる。

徳間書店から出版させて欲しいと連絡があり三度目の出版で[75]文庫化されると口コミで評判が広がる。さらに2003年「徹子の部屋」(テレビ朝日)で祖母の話をしたところ、大きな反響を呼ぶ[72]。

その後、増刷を重ね“がばいばあちゃん”シリーズ三部作はベストセラーとなり映画化・ドラマ化もされ、再び注目された。2007年に入って『スマステ』(テレビ朝日)など、テレビで特集が組まれ更に部数を伸ばした[72][76]。2007年の時点で総売り上げは20億円超、徳間書店の社員全員に"がばいボーナス"が出た[67]。“がばいばあちゃん”シリーズ総計では2008年7月、670万部を越え韓国、台湾、マレーシアなどでも出版されている[7][77]。

吉本在籍時は多数のテレビ出演ほか、「佐賀のがばいばあちゃん」を演目とした講演依頼が殺到、その回数は2012年3月4000回を越えたという[7][10][14][78]。常人には決して経験することのない波瀾万丈の人生を歩むお笑い芸人と言える。

1999年、妻の母親が倒れたのをきっかけに、その介護のため、佐賀市東与賀町に居を構える[79]。

2002年から5年間の間『M-1グランプリ』の審査員を担当。アンタッチャブルや、南海キャンディーズなどの出場した漫才師に概ね高い評価を与えたが、アマチュア漫才師である変ホ長調の漫才に対しては、「本気なのか、ギャグで素人っぽくしているのかわからなかった」と語るなど、苦言を呈することもあった。

2007年8月末をもって吉本興業を再度離籍することが発表された(2007年4月10日)[80][64]。公式発表は契約解除であるが事実上のクビ[80]。原因は「がばい」関連の収益について吉本側と対立したためで、吉本は他のタレントの手前もあるから、いくらでもいいから、印税の一部を吉本に入れてくれないかと洋七に頼んだが(通常、吉本が関連する舞台や番組以外では、ギャラは本人に全額入ることになっている)、洋七は頑なにこれを拒否したといわれる[80][81][82]。なお、完全に吉本との契約関係が終了したのは2007年12月9日である[83]。『佐賀のがばいばあちゃん#映画』は、2006年に倉内均監督で映画化され、2009年に洋七自身が監督を務め再映画化。この際、追放同然で吉本を退社した洋七の映画に島田紳助が友情出演したことで紳助と吉本の関係も悪化したとされる[80][84]。2011年には『佐賀のがばいばあちゃん』を舞台化し、がばいばあちゃんを自身が演じた[85]。吉本退社後はマスメディアへの露出が減り[86]、個人事務所「島田オフィス」を拠点として講演会中心で活動してきたが2012年8月1日付けで、個人事務所は今まで通り、オスカープロモーション所属となった。

島田紳助は「漫才ブームで新しいことをやったのは、B&Bとツービート、紳助・竜介だけ。ほかは前からあったもの[87]」「漫才ブームは、B&Bとツービートと紳助・竜介が作ったんです。時代を作った3組、ルーツは一緒なんです。漫才ブームが興ったときに、今までの漫才と違う形の漫才が始まるんです。それまでの漫才はネタ振りがあって、一個のネタでちゃんと起こしていくんです。この3組に共通してるのは、全く違うシステムなんです。それまでの漫才の形と全く違うシステム、突っ込みボケという新しい分野であり、1人が完璧にネタの九割喋るんです。で、誰がこれを編み出したかというと、最初は松竹芸能のケンケン・てるてるという方が、それをちょっとやったんです。それを見た島田洋七がパクったんです。これが自分に合うと思ったんです。その洋七さんを見てたけしさんも"これや!"ってパクったんです。そして高校三年生の僕が洋七さんを見て『今までの漫才なんか全然おもろない。これからはこれや!』ってこの世界に入ったんです。僕もツービートも全然売れてない時、東京の漫才コンクールでたけしさんに会ったんですが、たけしさんの言葉未だに忘れられません。『B&Bに似てるね』って。そんとき『はい』って言いながら心の中で、おまえらもやないかい、と叫びました」と話している[88]。 初対面でビートたけしが、とっさに年をごまかした人物[18][89][90]。たけしに「漫才だけは洋七に勝てなかった」「漫才ブームは洋七が作った」と言わせた人物でもある[91][92]。

1993年7月2日にテレビ朝日系で放送された、漫才ブームを振りかえる『驚きももの木20世紀』「漫才ブームの真実」という番組では、洋七とぼんちおさむの眼を通しての漫才ブーム、という構成が取られていたが、この中で洋七は「漫才ブームは去ったけど、その中にビートたけしや島田紳助みたいな、とてつもない天才がいた、発見できたことが嬉しい。それは誇りですよ。漫才ブームが無ければ二人は無かったわけだから」と話した。

親友であるビートたけしは洋七に対して、「いろいろばかはあるが漫才ばかである。洋七から漫才をとったらうそ付き、うらぎり者、サギ師、へんたい、などしか残らない。でもギセー者は皆んな笑ってゆるしてやる男です」[93]と評価している。また、『ビートたけしのオールナイトニッポン』や『北野ファンクラブ』などでも、頻繁に洋七のホラ話をネタにしていた。『北野ファンクラブ』の1コーナーでは、たけしと「B&BEAT」という漫才コンビを組んだ[18][69]。2010年のたけしの著作『1084(to-san-ya-yo)』でも、洋七の話を扱ったネタが使われている。一方、洋七からたけしに対する感謝は、『俺の彼-がばいばあちゃんスペシャル』(徳間書店)で著されている。

島田洋七の関連人物

お笑い芸人偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

島田洋七の評判・つぶやき

  • 貧乏の名言@名言ナビ

    貧乏の名言@名言ナビ 5年前

    貧乏には二通りある。暗い貧乏と明るい貧乏。うちは明るい貧乏だからよか。(島田洋七)【名言ナビ】 #名言 #貧乏 #貧しい #貧しさ #貧困"
  • 平和の名言@名言ナビ

    平和の名言@名言ナビ 5年前

    アホは平和の象徴や (島田洋七)  【名言ナビ】 #meigen #名言 #平和 #peace"
  • 幸せへの 愛の言霊

    幸せへの 愛の言霊 5年前

    「人生は、総合力」 (がばいばあちゃん) 島田洋七 『がばいばあちゃんの 笑顔で生きんしゃい!』"
  • 子ども達に贈りたい言葉

    子ども達に贈りたい言葉 5年前

    笑顔は宝じゃ。   島田洋七の「がばいばあちゃん」の言葉"
  • ck73mv5s

    ck73mv5s 5年前

    .》.笑っておけば周りも楽しそうになるよ。貧乏人がいちばんやれることは笑顔たい。by(島田洋七)....."
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 38

お笑い芸人一覧

お笑い芸人偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング