岩波拓也の出身高校

岩波拓也 プロサッカー選手

岩波 拓也(いわなみ たくや、1994年6月18日 - )は、兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。ポジションはディフェンダー(CB)。元日本代表。

須磨ナイスサッカークラブ、神戸フットボールクラブを経て、2007年、ヴィッセル神戸ジュニアユースに入団。

2009年、第24回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会で優勝を飾り、自身も大会MVPに選出された。同年、U-15日本代表に選出され、AFC U-16選手権2010・予選グループリーグを戦った。

2010年、ヴィッセル神戸U-18へ昇格。U-16日本代表に選出され、AFC U-16選手権2010でベスト4まで勝ち進み、2011 FIFA U-17ワールドカップの出場権を獲得した。

2011年、U-17ワールドカップで主将を務め、自国開催だった1993年大会以来となる18年ぶりのベスト8進出を果たした。同年、第35回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で、ディフェンダーながら得点ランキング2位の4得点を記録。準々決勝、準決勝と立て続けに直接フリーキックを決める活躍を見せ、準優勝に貢献した。9月9日、トップチームに2種登録。同年末、プリンスリーグ関西1部で優勝を飾り、参入戦を勝ち抜いてプレミアリーグウエストへ昇格した。

2012年5月、オランダ1部・PSVアイントホーフェンの練習に参加し、移籍は確実とも報道されたが、6月29日、ヴィッセル神戸とプロ契約を締結したことが発表された。

2012年10月20日、J1第29節清水エスパルス戦で公式戦初出場。同年11月、U-19日本代表としてAFC U-19選手権に出場。グループリーグ第2戦クウェート戦で決勝点を挙げ、予選敗退の危機を救ったが、徹底したロングボール戦術と得点力不足に苦しんだチームは準々決勝イラク戦に敗れ、3大会連続でFIFA U-20ワールドカップの出場権を逃した。12月1日、J1最終節サンフレッチェ広島戦に後半8分から出場したが、0-1の敗北を喫し、クラブはJ2へ降格した。

2013年、安達亮監督により開幕からスターティングメンバーに抜擢され、J2第15節愛媛FC戦でリーグ戦初得点を記録した。同年10月末、右足関節内顆骨折により全治2ヶ月の診断を受け、シーズン終盤は欠場を余儀なくされたが、リーグ戦37試合に出場し、1年でのJ1復帰に貢献した。シーズン終了後、雑誌「月刊J2マガジン」で2013年のJ2ベストヤングプレーヤーに選出された。

2015年、5月12日・13日に行われるサッカー日本代表の合宿メンバーに選ばれた。

186cmの長身を生かし、空中戦、対人守備で強さを発揮するセンターバック。足元のテクニック、ビルドアップに優れており、精度の高いフィードやプレースキックを蹴ることが出来る。

その他の公式戦

岩波拓也の出身高校

岩波拓也出身高校
神戸高塚高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
608位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1994年6月18日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング