岩城光英の出身高校

岩城光英 議員

岩城 光英(いわき みつひで、1949年12月4日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(3期)、法務大臣(第97代)、自由民主党福島県連会長。

内閣官房副長官(第1次安倍改造内閣・福田康夫内閣・福田康夫改造内閣)、国土交通大臣政務官(第1次小泉第1次改造内閣)、参議院議院運営委員長(第61代)、自由民主党参議院政策審議会長、いわき市長(2期)、福島県議会議員(2期)、いわき市議会議員(2期)等を歴任した。

福島県いわき市生まれ。福島県立磐城高等学校、上智大学法学部卒業。大学卒業後、サントリーに入社する。1974年、父親の死去により出身地のいわき市へ戻り、警備員を経て学習塾を経営。1979年、いわき市議会議員補欠選挙に出馬するも、落選。翌年10月のいわき市議選で初当選し、市議を2期6年務める。1986年、2期目の任期途中に市議を辞職し、福島県議会議員に当選。1990年に福島県議に再選されるが、中田武雄いわき市長の急病を受け、公示直前に急遽、中田に代わっていわき市長選に出馬。元日本社会党衆議院議員の上坂昇を破り、当選した。

2期目の任期途中の1998年、いわき市長を辞職。第18回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で福島県選挙区(定数2)から出馬し、得票数2位で当選。この選挙では、自民党は現職の佐藤静雄、岩城の2人を擁立したが、野党系無所属(民主・社民・公明推薦)の佐藤雄平がトップ当選し、佐藤静雄は落選した。2002年、第1次小泉第1次改造内閣で国土交通大臣政務官に任命される。

2007年8月、第1次安倍改造内閣で内閣官房副長官に任命され、福田康夫改造内閣まで務める。

2011年10月、中曽根弘文自由民主党参議院議員会長の下で、参議院政策審議会長に起用される(~2012年10月)。2012年より参議院議院運営委員長。2015年10月7日、第3次安倍改造内閣で法務大臣に任命され、初入閣した。法務大臣就任後、靖国神社に参拝した。

2005年、岩城が代表を務める自民党支部及び岩城の資金管理団体が、50万円分のパーティー券を購入していたコンサルティング会社から依頼され、受領した50万円を「パーティー券収入」ではなく「寄付」に訂正して政治資金収支報告書に記載していた。岩城自身は2007年9月1日に首相官邸で記者会見し、虚偽記載については否定した。

2004年6月30日、福島県内で開いた演説会の会場費6万3千円を岩城の選挙運動費用収支報告書、岩城を支援する政治団体「いわき光英を励ます会」の政治資金収支報告書の双方に計上し、「いわき光英を励ます会」の政治資金収支報告書には領収書のコピーを添付していた。

岩城光英の出身高校

岩城光英出身高校
磐城高校 偏差値 福島県高校偏差値ランキング
議員ランキング
599位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
生年月日
1949年12月4日生まれ

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング