岡義朗の出身高校

岡義朗

岡義朗 プロ野球選手

岡 義朗(おか よしあき 1953年11月22日 - )は岡山県玉野市出身の元プロ野球選手(内野手・外野手)。「よしろう」と読まれることもあるが「よしあき」が正しい。本来は遊撃手だが、内外野どこでも守れる守備のスペシャリストとしてその名を知られた。特に外野守備に優れ、1979年4月7日、広島市民球場での対阪神タイガース 阪神戦で掛布雅之の放ったホームラン性の打球をフェンスによじ登りもぎ取ったプレーから「塀際の魔術師」「守備の切り札」の異名で呼ばれるまでに至った。「江夏の21球」の際も守備固めで出場しレフトを守っていた。現役最後となった1985年は一軍出場はなかったものの、阪神21年ぶりの優勝メンバーに名を連ねた。

岡義朗の出身高校

岡義朗出身高校
岡山東商業高校 偏差値 岡山県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2904位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1953年11月22日生まれ

岡義朗の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング