岡本利之の出身高校

岡本利之 プロ野球選手

岡本利之出身高校
米子東高校 偏差値 鳥取県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
450位 / 4783人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1916年11月27日生まれ

岡本 利之(おかもと としゆき、1916年11月27日 - 1969年12月30日)は、鳥取県米子市出身のプロ野球選手、高校野球・社会人野球監督。右投右打で、ポジションは捕手、内野手、投手。

現在のところ山陰高校球界最高成績となる甲子園準優勝に米子東高校を導いた名将。父は米子中学校野球部長を務めた岡本速水。

米子中では4年次の1932年に、夏の甲子園に二塁手として出場した(初戦で石川師範に敗れる)。翌1933年は主将・主戦として活躍したが、山陰大会1回戦で敗れ、甲子園出場を逃した。 卒業後は関西大学に進学し、野球部で好打、堅守の内野手として名を馳せた。1939年には職業野球・ライオン軍に入団。弱小チームでユーティリティープレイヤーとして捕手をはじめ、さまざまなポジションをこなした。1年プレー後応召した。

戦後、戦争で痛めた左足が完治しないまま、米子中で後輩の指導にあたっていたが、1947年、創部間もない境中学校野球部後援会幹部の強い要請を受け、同校の監督に就くと、3年間で2度、夏の甲子園地区予選決勝まで駒を進めるなど、同校の礎を築いた。 1950年には母校・米子東監督を務め、夏の甲子園でベスト8に導く。その後請われてノンプロの野球部があった米子鉄道管理局に就職し、采配を振った。

1958年夏の大会後、大橋棣、木下勇、浜田圭司(のち鳥取県高野連審判委員長)の後を受け、米子東監督に復帰。1960年の選抜に出場すると、宮本洋二郎の力投などで山陰勢初となる決勝進出を果たし、高松商の山口富士雄にサヨナラ本塁打を浴びて敗れたものの、見事準優勝に輝いた。同年夏にも出場を果たすと、活躍が認められ秋の熊本国体にも出場し、再び準優勝。1961年にも選抜に出場、再び高松商の前に屈したが、ベスト4に導いている。その後1965年の選抜、66年の選抜にも出場、66年には高知に勝利し「打倒・四国勢」の念願を果たすベスト8進出。その後1968年夏の大会限りで監督を勇退した。

翌1969年、胃の不調を訴え入院。「もう一度米子東のプレーを見たい」という願いを叶えられないまま、53歳の若さで亡くなった。

米子東高野球部逍遥歌の作詞も手がけている。

岡本利之の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング