岡本凱孝の出身高校

岡本凱孝 プロ野球選手

岡本 凱孝(おかもと よしたか、1940年8月14日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手。

浪華商業高校時代の1958年に夏の甲子園に捕手、七番打者として出場。1回戦で魚津に敗退。高校同期に張本勲がいたが、不祥事により甲子園出場を辞退している。

卒業後は立教大学へ進学。当時は長嶋、杉浦、森滝らが相次いで卒業した後で、戦力が次第に低下しており、東京六大学リーグでは、在学中の優勝は1年の秋季リーグのみ。リーグ通算57試合出場、183打数37安打、打率.202、1本塁打。大学同期に石川陽造、岡村浩二がいるが、両者とも中退して早期にプロ入りした。

1963年に国鉄スワローズへ入団。1965年頃から正捕手の根来広光に変わってマスクを被る回数が増え、1966年にはレギュラーの座を獲得する。野村克也と同様な「ささやき戦術」を用い、インサイドワークに優れた捕手であったが、弱肩で盗塁阻止率が低かった。1967年オフに西鉄ライオンズへ移籍し、1969年に引退した。引退後は、大阪の鉄鋼会社に庶務課長として就職した。

岡本凱孝の出身高校

岡本凱孝出身高校
大阪体育大学浪商高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3481位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1940年8月14日生まれ

岡本凱孝の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング