岡山一成の出身高校

岡山一成

岡山一成 サッカー選手

岡山 一成(おかやま かずなり、1978年4月24日 - )は、日本のサッカー選手で、ポジションはディフェンダー、フォワード。大阪府堺市南区赤坂台出身。堺市立赤坂台中学校、初芝橋本高等学校卒業。

兄の影響を受け地元の少年団でサッカーを始め、住んでいた大阪府の隣、和歌山県にある初芝橋本高校へ進学。2年生の時に第74回全国高等学校サッカー選手権大会へ出場し、1学年上の吉原宏太と2トップを組んだフォワード(FW)として出場、ベスト4に進出して岡山は優秀選手に選出される。続く第74回全国高等学校サッカー選手権大会にも2年連続で出場し、同期生にはDF大野貴史がいたが、初戦の2回戦で桐光学園高校に敗退。同高校の中村俊輔とはマリノスでの同期入団となった。

高校卒業後の進路ではプロ選手を希望したが、入団は難航。1996年、テレビ東京系の番組『ASAYAN』内の企画「Jリーガーオーディション」に参加していたが、同時期に進められていた横浜マリノス(当時)と練習生契約がまとまったため、オーディション参加を途中で取りやめて同年8月に入団した。また、高校卒業後に韓国の社会人チームへの留学も経験している。

マリノスではデビュー戦から3試合連続ゴールを記録したが、その後は出場機会に恵まれず、1999年後半は当時J2の大宮アルディージャに期限付き移籍した。同年に日本国籍を取得。

翌2000年に横浜F・マリノスに復帰し、ディフェンダー(DF)にコンバートされるが出場機会はほとんどなく、そのため2001年にはセレッソ大阪へ移籍。しかしここでも水が合わず、シーズン終了とともに戦力外通告を受ける。

2002年、石崎信弘監督からの誘いで川崎フロンターレへ入団すると出場機会も増え、2004年のクラブJ1昇格に貢献。川崎では「岡山劇場」と呼ばれる試合後のマイク(メガホン)パフォーマンスによりサポーターからの人気も集めた。2005年には当時J2のアビスパ福岡へレンタル移籍。フォワードとしても活躍し、J1昇格を果たした。しかし、川崎時代や後の柏時代と打って変わって、ファールが多く、また熱狂的で過激なサポーターが多い福岡サポーターと揉め事を起こすなど、彼に見合った活躍ができたとはいえなかった。

岡山一成の出身高校

岡山一成出身高校
初芝橋本高校 偏差値 和歌山県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
463位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1978年4月24日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング