山根和夫の出身高校

山根和夫 プロ野球選手

山根 和夫(やまね かずお、1955年8月2日- )は元プロ野球選手(投手)。岡山県真庭郡勝山町(現在の真庭市)出身。

実兄は、都市対抗野球大会に20年連続出場を果たした鈴木政明投手(勝山高校※1967年のドラフト会議で広島から9位指名も入団せず→大昭和製紙※1969年のドラフト会議でアトムズから12位指名も入団せず→ヤマハ発動機→プリンスホテル、和夫と同じく結婚して改姓)。

勝山高等学校から日本鋼管福山に進む。エース田村忠義の控え投手であったが、右の本格派として早くから注目されていた。1975年のドラフトで広島東洋カープに2位指名されるも、会社に慰留されたこともあり、1976年の都市対抗に出場し翌1977年に入団した。

入団当時はチームで一番球が速く、150km/hほど出ていたが、コントロールが悪く、入団当初はその投球を問題視されていた。しかし投手コーチをしていた安仁屋宗八に選手生命をかけてフォーム改造を直訴すると、フォームをノーワインドアップのスリー・クォーターにしてコントロールが安定した。直球のスピードは落ちたが、新しく覚えた浅い握りの高速フォーク(今で言うSFF)が武器となった。

1979年には先発陣の一角を占め8勝を記録、その後も主力投手として活躍する。1984年にはチーム最多の16勝を挙げ、4年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

また日本シリーズに弱かったエース・北別府学に代わり、シリーズの主戦投手として活躍。特に1984年の日本シリーズで、この年打撃三冠王を獲った阪急ブレーブスのブーマーを鋭いシュートで完璧に抑え、チームに3度目の日本一をもたらした。

その後は右肩痛のため1985年から未勝利に終わり、1986年オフに西武ライオンズへ移籍。ここでは中継ぎ、抑えとして起用され、1988年に5勝2セーブをあげて西武の日本一に貢献した。翌1989年にも6勝4セーブを記録するが、1990年には登板機会がなくなり同年限りで引退。

引退後は1991年から6年間RFラジオ日本の野球解説者を経て、1997年から3年間日本ハムファイターズの投手コーチを務めた。

山根和夫の出身高校

山根和夫出身高校
勝山高校 偏差値 福井県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2028位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1955年8月2日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング