山村佑樹の出身高校

山村佑樹 サッカー選手

山村 佑樹(やまむら ゆうき、1990年8月1日 - )は、神奈川県川崎市出身のサッカー選手。水戸ホーリーホック所属。ポジションは主にフォワード(FW)。

小学校1年生(7歳)時にサッカーを始める。 横浜F・マリノスなどのジュニアユースからも声がかかったが中学生時からFC東京の下部組織へ加入。丸山浩司コーチからウルグアイのFWルベン・ソサに似ていると指摘され、以後ルーベンと呼ばれるようになった。同期は2トップを組んだ岩渕良太や、三田啓貴、藤原広太朗、山崎侑輝、井上亮太、畑尾大翔、平野又三、佐藤祐馬、六平光成、宮澤勇樹など。 2009年、岩渕、三田と共に明治大学に進学しサッカー部に所属。関東大学リーグ1部では通算38試合出場23得点を記録し、神川明彦監督からは様々な得点パターンを持つ点を高く評価され「スナイパー」と形容された。

2012年8月より水戸ホーリーホックの特別指定選手として登録され、登録後の初出場となったJ2第27節山形戦で早速得点を挙げた。同年9月、翌年からの水戸への加入内定が発表された。2013年は鈴木隆行との2トップで出場を続けつつ、サイドハーフにも配された。2014年は開幕直後の練習試合で左アキレス腱を断裂し、長期離脱を強いられた。同年9月、復帰戦となった J2第31節福岡戦で決勝点を挙げた。

山村佑樹の出身高校

山村佑樹出身高校
大師高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1803位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1990年8月1日生まれ

山村佑樹の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング