山本一義の出身高校

山本一義 プロ野球選手

山本 一義(やまもと かずよし、1938年7月22日 - )は、広島県広島市翠町(現・南区 (広島市) 南区翠町)出身のプロ野球選手(外野手)・プロ野球監督、野球解説者。父親は中国新聞もと人事部長、岳父は広島の40代以上の人なら誰でも知っている、乳菓ビガー本舗元社長(現在は廃業)。広島県立広島商業高等学校 広島商業時代から超高校級スラッガーとして鳴らした。3年夏の県予選では13打席で10回敬遠されたという逸話も残る。1956年甲子園春夏連続出場。エース上土井勝利(広島、のち球団本部長)、1学年下に迫田穆成(2005年全日本高校選抜監督)らのいた強力チームだったが、選抜高等学校野球大会 春選抜は準優勝した岐阜県立岐阜商業高等学校 県立岐阜商業に、全国高等学校野球選手権大会 夏選手権は熊本県立済々黌高等学校 済々黌高に初戦で敗れた。山本が抜けた翌夏は、決勝で法政大学第二中・高等学校 法政ニ高を破り全国制覇している。進学した法政大学でも1年からレギュラー、4年時には四番主将として法政12年ぶり7度目のリーグ優勝をもたらした。

山本一義の出身高校

山本一義出身高校
広島商業高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2732位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1938年7月22日生まれ

山本一義の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

山本一義の評判・つぶやき


山本一義の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング