山本むつみの出身高校

山本むつみ 演出家

山本 むつみ(やまもと むつみ)は、日本の脚本家。北海道旭川市出身。

北海道旭川北高等学校から北海道大学教育学部に進学し、卒業後は、東京のアスキーなどで編集者をしながら、シナリオ・センター「シナリオ作家養成講座」を受けた。2001年、『川留め騒動始末』の脚本がBKラジオドラマ脚本賞佳作に選ばれ、翌2002年、四国放送公募の入選作『阿波藍の唄が聴こえる』が開局50周年記念ラジオドラマとして放送された。

2003年、第31回NHK創作ラジオドラマ脚本懸賞に『唐木屋一件のこと』で応募し、最優秀賞を受賞。その受賞をきっかけに翌2004年、『御宿かわせみ』でテレビドラマの脚本家デビュー。その後も編集者と脚本家を兼業したが、2006年の『結婚式へ行こう!』より脚本家専業に。2010年前期のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で広く注目を集め、2013年には、NHK大河ドラマ『八重の桜』の脚本を担当した。

山本むつみの出身高校

山本むつみ出身高校
旭川北高校 偏差値 北海道高校偏差値ランキング
演出家ランキング
33位 / 61人中 演出家別偏差値ランキング
性別
女性

演出家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


演出家一覧

演出家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング