山口螢の出身高校

山口螢 プロサッカー選手

山口 螢(やまぐち ほたる、1990年10月6日 - )は、三重県名張市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・セレッソ大阪所属。ポジションはミッドフィールダー(MF)。日本代表。

1990年、三重県名張市矢川の実家で次男として誕生。「どんな暗闇でも明るい光を放ち続けられますように」という願いを込めて『蛍』と名付けられた。

小学校3年生の時に父の影響でサッカーを始め、主にトップ下を担当。中学校進学に際しセレッソ大阪、ガンバ大阪、京都パープルサンガの3クラブの入団テストを受けたが、テスト当日に合格の通知をくれたセレッソ大阪U-15へ入団した。

中学時代は電車で片道2時間かけて練習場まで通う日々を送り、1年生の終わりにはJFAエリートプログラムの1期生に選出された。

2006年、セレッソ大阪U-18へ昇格。

2008年、チームの主将に就任。JFAプリンスリーグU-18関西で優勝を飾り、自身もリーグMVPに選出された。

2009年、丸橋祐介と共にトップチームへ昇格。同年5月13日より3ヶ月間、ブラジル全国選手権セリエA・パルメイラスに留学した。

2011年、前年は出場機会に恵まれなかったものの、この年はボランチのポジションで徐々に出場機会を増やし、J1第24節浦和レッズ戦で公式戦初得点を記録。

2012年、開幕からレギュラーを掴む。同年、キム・ボギョン、清武弘嗣といった主力の相次ぐ移籍もあってクラブは下位に低迷したが、ファビオ・シンプリシオの加入後は攻撃的ミッドフィールダーとしても起用されるなどユーティリティな活躍を見せ、リーグ戦30試合に出場した。

2014年、2014シーズンより名前の登録漢字表記を、山口螢から山口蛍に変更。契約更改時に志願し、セレッソ大阪のキャプテンに就任した。

2014年8月9日、第19節FC東京戦で負傷退場。右膝外側半月板損傷と診断され、戦列を離れる事となった。結局、山口は最終節まで復帰する事ができず、C大阪は17位でリーグを終え、J2降格となった。シーズンオフには海外クラブへの移籍も視野に動いたが上手くいかず、国内他クラブからの誘いがある中でC大阪残留を決めた。

2010年、クラブでは出場機会に恵まれなかったが、各クラブの控えメンバーを中心としたU-21日本代表に選出され、広州アジア競技大会に出場。山村和也とダブルボランチを形成し、全試合に出場する活躍で、史上初の金メダル獲得に貢献した。

その後も関塚隆監督の寵愛を受け、レギュラーとしてロンドン五輪アジア予選を戦った。

ロンドン五輪アジア予選後、ロンドン五輪U-23サッカー日本代表に選出された。本大会では、主にチームメイトの扇原貴宏とダブルボランチを形成。過密日程の中、全試合フル出場を果たし、メキシコ五輪以来44年ぶりのベスト4進出に貢献した。

2013年7月、東アジアカップ2013に出場する日本代表に招集され、第1戦中国戦で国際Aマッチ初出場を果たした。同大会では全3試合に出場し、日本代表の大会初優勝に貢献し、自身も大会MVPに選出された。

2014年6月に開催された2014 FIFAワールドカップでは、初戦のコートジボワール戦、第二戦のギリシャ戦でスタメンで起用されたが、チームはグループリーグ敗退となった。

2015年1月に開催されるAFCアジアカップ2015へ臨む日本代表の予備登録メンバーに選出されたが、本登録は叶わなかった。しかし、同年3月27日に行われたキリンチャレンジカップのチュニジア代表戦で代表復帰を果たした。

2015年8月5日、東アジアカップ2015第2戦韓国戦で代表初得点を決めた。

豊富な運動量と抜群のボール奪取能力を持つ中盤のダイナモ。

フィジカルの強さを生かした対人守備を得意とし、タイトなマークと鋭い危険察知能力で相手のチャンスの芽を摘む守備職人であるが、ユース時代は背番号「10」を着けて攻撃的なポジションでプレーしており、パスの精度が高く、攻撃センスにも長けている。

その他の公式戦

山口螢の出身高校

山口螢出身高校
清明学院高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
650位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1990年10月6日生まれ

山口螢の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング