山口良治の出身高校

山口良治

山口良治 モデル

山口 良治(やまぐち よしはる、1943年2月15日 - )は、日本のラグビー指導者で元日本代表。

京都市立伏見工業高等学校ラグビー部総監督であり、1984年のTBS系土曜21時台のテレビドラマ『スクール☆ウォーズ』(馬場信浩原作)の主人公の滝沢賢治のモデルとなった教師でもあった(科目は体育)。福井県立若狭農林高等学校、日本大学から日本体育大学体育学部体育学科へ転入して卒業、現在は環太平洋大学の総監督を務めている。愛称は「泣き虫先生」。

福井県三方郡南西郷村(現・美浜町)に生まれる。

中学校時代には甲子園で見たプロ野球に魅せられ、野球部に所属。キャッチャーであり、主将も務めることとなった。

大学時代、近所の小学生であった川藤幸三に野球を始めるきっかけを作ったのも有名な話である。

その後、役場か農協での勤務を希望した父の勧めで、福井県立若狭高等学校土木科に進学するも、高校が若狭農林高等学校へと改組し、野球部も廃部された。そのため甲子園出場の夢が途絶え、その後は先輩の勧めでラグビー部に所属した。

大学は名将芳村正忠監督が率いる強豪日本大学に進学するもハードな練習に挫折し、上級生の理不尽なしごきに不満を抱いていた事もあり、体育科教師に目標を転向して休部した。しかし勉強もせずに堕落した生活を送っていたという。

その後、一念発起して教員養成では定評がある日本体育大学への転校を決意し、芳村監督から激励の言葉と日体大ラグビー部の綿井永寿(監督、のち日体大学長)への推薦状を貰い、日体大の2年次に編入学試験を受け合格する。日大より更にハードな練習に挫折しそうになるも、人並み外れた努力で頭角を現し、100人以上いる部員の中で4軍から1軍にまで昇格し、関東選抜に選ばれるまでに至った。

大学を卒業し、岐阜県立長良高等学校、岐阜県立岐阜工業高等学校へ教師として赴任し、1966年にラグビー日本代表に選出された。翌年、京都市教育委員会へ転任。1968年のニュージーランド遠征、1971年の対イングランド戦、1973年の英仏遠征など数々の国際試合に出場し、名フランカー、名キッカーとしてアジア競技大会優勝に2度導くなど1974年の現役引退まで活躍した。

山口は1975年に京都市立伏見工業高等学校(伏工)ラグビー部の監督に就任したが、当初は京都一を目指して意気込む山口に部員達は反発し、大阪体育大学浪商高等学校・大阪府立枚方高等学校との練習試合をボイコットした。しかし1975年5月17日(土曜日)の京都府春季総合体育大会で京都の名門花園高等学校に112対0の大敗を喫し、その悔しさから部員達は努力を重ね、同年の近畿大会で準優勝を果たした。

以後、山口の率いる伏工ラクビー部は常勝軍団に生まれ変わり、

などの優れた成績を残した。

公立高校で無名という決して恵まれてはいない環境からの全国制覇と、ラグビー部生徒への体当たりの指導が多くの反響を呼び、1984年のTBS系土曜21時台のテレビドラマ『スクール☆ウォーズ』(馬場信浩原作)の主人公の滝沢賢治のモデルとなった。

1991年に脳膿瘍を患って長期入院した。

1998年、伏工から京都市役所に出向し、京都市スポーツ政策監となり伏工ラグビー部では総監督に退いた。2003年の定年後は京都市スポーツ政策顧問、京都アクアリーナ館長を歴任、2004年より浜松大学教授、ラグビー部特別顧問となる(監督は山口の教え子の薬師寺大輔=日体大-元神戸製鋼、アドバイザーに伏工全国大会初優勝時のコーチだったスティーブ・ジョンソン)。

2007年より、環太平洋大学ラグビー部総監督に就任する(監督は伏工全国大会初優勝時のメンバーだった教え子の西口聡)。

2013年IRBラグビースピリット賞(国際ラグビー評議会・元国際ラグビーフットボール評議会より)を日本人として二番目に受賞した(一人目初受賞は同志社大学出身元大阪体育大学監督の坂田好弘)。

山口良治の出身高校

山口良治出身高校
若狭東高校 偏差値 福井県高校偏差値ランキング
モデルランキング
60位 / 76人中 モデル別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1943年2月15日生まれ

モデル偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


モデル一覧

モデル偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング