山内孝徳の出身高校

山内孝徳 プロ野球選手

山内孝徳(やまうちたかのり 1956年8月5日 - )は、熊本県鎮西高校出身の元プロ野球選手。1981年、電電九州からドラフト3位で福岡ソフトバンクホークス 南海ホークスに入団。山内和宏、藤本修二、加藤伸一とともに弱小期南海のエース格として7年連続2桁勝利を上げる活躍をした。1992年に現役を引退、現在は福岡で野球解説者やタレント、パーソナリティーとして活躍している。現役時代からの口ひげは今も健在。入団時にちゅうちょなく背番号19をつける。南海の最大の功労者である野村克也元監督が1977年に解任されて以来、空き番となっていたが、これは球団が18番の山内和宏、20番の山内新一と番号を揃えることで『山内トリオ』として売り出す為と、山内自身も『南海といえば19番だから』という理由でもある。

山内孝徳の出身高校

山内孝徳出身高校
大阪市立西高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2028位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1956年8月5日生まれ

山内孝徳の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング