山中恒の出身高校

山中恒

山中恒 作家

山中 恒(やまなか ひさし、1931年7月20日 - )は児童文学作家(自らは「児童文学作家」と呼ばれることを好まず、「児童よみもの作家」と称している)。北海道出身。早稲田大学第二文学部演劇科卒。北海道小樽市で8歳まで育つ。父親の仕事の関係で神奈川県平塚市に転居するが、戦争中縁故疎開で再び小樽に戻った。その時期に強烈な皇民化教育(山中は「錬成教育」と表現する)を受けたが、それを指導した教員達が日本の敗戦とともに正反対の教育を平然と始めたことに激しい違和を感じる。この体験が大人や教員に対する不信感を生み、その後の山中の作品にも影響を与えることとなる。

山中恒の出身高校

山中恒出身高校
秦野高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
作家ランキング
450位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1931年7月20日生まれ

山中恒の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

山中恒の評判・つぶやき

  • 家族・家庭の名言@名言ナビ

    家族・家庭の名言@名言ナビ 3年前

    結局、子供は家庭の付録にすぎないんです。子供の心配するくらいならば、自分の老後のことを考えた方がいい。子供の幸せは親がつくるものではない。ほっといても子…(続きはWEBで)(山中恒)"
  • 古書通信編集部

    古書通信編集部 3年前

    町田市民文学館ことばらんどで、3月21日まで「児童読物作家 山中恒 子どもと物語で遊ぶ展」が開催されている。山中さんの作品は大人から子供まで幅広く浸透している。また「ぼくら少国民シリーズ」では戦時教育の実態が執拗なくらいに追求された。古書資料蒐集の上に立つ成果である。#yagig"
  • 木野龍逸 (Ryuichi KINO)

    木野龍逸 (Ryuichi KINO) 3年前

    : アジア・太平洋戦争史――同時代人はどう見ていたか(上) (岩波現代文庫): 山中 恒: 本 "
  • いちかわ じろー

    いちかわ じろー 3年前

    山中恒のよさは、ガラの悪さだな。学級会での話し合いみたいな上品な児童文学とはちがう児童読み物。終盤では、優等生の兄貴が学生運動してる友人と機動隊に巻き込まれてパクられたり、主人公と知り合いになったじいさんの過去に、殺された脱走兵やら関東大震災の朝鮮人虐殺の話があったりもする。"
  • いちかわ じろー

    いちかわ じろー 3年前

    山中恒『ぼくがぼくであること』 30年ぶりぐらいで読んだけど、何べん読んでも面白いな。主人公の一家の中で、教育ママとママにへつらう妹が悪役になってるところにミソジニーのにおいがしないでもないけど、昔はミソジニーなんて言葉もなかったしな。おれも少しは進歩したってことかな?"
1 2 3 4 5 6 7 8 次のページ » 

山中恒の関連著書

作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング