山中巽の出身高校

山中巽 プロ野球選手

山中 巽(やまなか たつみ、1944年1月4日 - )は、日本の元プロ野球選手(投手)。

愛知県名古屋市出身。中京商業高校では1年生の時、1959年夏の甲子園に控え投手として出場するが、1回戦で高鍋に敗退、登板機会はなかった。この時の3年生に石黒和弘遊撃手がいた。1961年はエースとして甲子園に春夏連続出場。春の選抜は1回戦で小倉工に惜敗。夏の選手権は準々決勝で、この大会に優勝した浪商の尾崎行雄投手と投げ合うが0-14で大敗した。秋の秋田国体では決勝で報徳学園を降し優勝を飾る。当時のチームメイトには同期の江藤省三三塁手(巨人他)、相羽欣厚中堅手(巨人他)、1年下の林俊彦投手(南海)、木俣達彦捕手(中日)がいた。

翌1962年に中日ドラゴンズに入団。豪快なフォームから繰り出される直球を武器に、2年目の1963年には15勝(6敗)をマークし、最高勝率(.714)のタイトルを獲得。1965年にも12勝(2敗)、勝率.857で再び同タイトルを獲得するなど、権藤博の後の中日のエースとして活躍した。決め球はフォークボールを武器としており、時折、シュートやカーブも投げる。

1968年8月24日と25日の両日、明治神宮野球場でのサンケイスワローズ戦にて連投した際には、豊田泰光に2日続けて代打サヨナラ本塁打を打たれたという珍記録を残している。

その後、内臓疾患を患ったことから1970年のシーズン終了後に26歳の若さで現役を引退。引退後は球団に残りスコアラーを経てフロント入りし、営業部主任などを務めた。

山中巽の出身高校

山中巽出身高校
中京大学附属中京高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1022位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1944年1月4日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング