山下健の出身高校

山下健 プロ野球選手

山下 健(やました たけし、1931年8月6日 - 2006年11月26日)は、香川県高松市出身のプロ野球選手(捕手)。

高松一高時代に夏の甲子園に出場。強肩・強打の捕手として注目され2リーグ制が始まった1950年に阪急ブレーブスに入団。だがチームの主力選手はセ・リーグ球団に大量に引き抜かれており、中でも捕手不足だったため1年目からレギュラーとして出場(開幕戦は急病で欠場したため、阪急は捕手経験がない内野手の明石武が急遽捕手をすることになった)。後に入団した梶本隆夫、米田哲也らとバッテリーを組み低迷期の阪急を支えた。1966年から1970年まで阪急のコーチを務めた。

山下健の出身高校

山下健出身高校
高松第一高校 偏差値 香川県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
222位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1931年8月6日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング