屋宜照悟の出身高校

屋宜照悟出身高校
中部商業高校 偏差値
沖縄県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
4205位/4491人中(プロ野球選手)
性別
男性
生年月日
1989年3月29日生まれ
プロ野球選手別偏差値ランキングを見る

屋宜 照悟(やぎ しょうご、1989年3月29日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。

中部商業高時代、3年時の夏は沖縄県予選決勝で大嶺祐太擁する八重山商工高に3-7で敗れ準優勝に終わった。甲子園出場経験は無し。

国士舘大学に進学すると、東都大学野球連盟に加盟している野球部に入部する。1年時の春からリーグ戦に登板するが、チームは2部リーグに甘んじており、3年時の春は2部でも最下位となってしまうが、秋は2部リーグ優勝を達成し、さらに入替戦を制しチーム30季ぶりとなる1部昇格を果たす。4年時の春は1部で5位、秋は1部最下位となり、さらに入替戦でも敗れ1年で2部降格となってしまった。

大学卒業後は、社会人野球のJX-ENEOSに入団。1年目の2011年から公式戦に登板するが、同年の第82回都市対抗野球大会では登板機会は無く、チームも1回戦で王子製紙に2-5で敗れた。2年目の2012年は、チームが第83回都市対抗野球大会で優勝を果たすも自身の登板機会は無かった。ドラフト指名後の第38回社会人野球日本選手権大会2回戦のニチダイ戦で全国大会初登板を果たし、6回を2失点、7奪三振で初勝利を手にした。決勝のJR東日本戦でも、6回2/3を1失点の好投でチームの優勝に貢献した。在籍時のチームメイトには、大城基志や嘉弥真新也らがいる。

2012年10月25日、プロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから6位指名を受け、入団した。

ダイナミックなフォームから繰り出す最速150km/hのクセのあるストレートと、スライダー・カットボール・チェンジアップなど多彩な変化球を投げる。

ドラフト指名があった2日後に祖母を亡くしており、第38回社会人野球日本選手権大会の決勝戦では供養の気持ちを込めてマウンドに上がり、ピンチの度に祖母のことを考えたとコメントしている。

2012年のドラフトで福岡ソフトバンクホークスから1位指名を受けた東浜巨とは保育園が同じである。

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング