小畑正治の出身高校

小畑正治

小畑正治 プロ野球選手

小畑 正治(こばた まさはる、1934年4月3日 - )は、広島県呉市出身の元プロ野球選手。ポジションは投手。

呉三津田高校から1952年に南海ホークスへ入団。 広島県立呉三津田高等学校野球部では先輩に広岡達朗、1学年下には実業家の碓井優がいる。 1951年4月に阪神甲子園球場で行われた第23回選抜高等学校野球大会に出場するが、1回戦11回延長の末、明治4-1呉三津田で敗れる。

南海4年目の1955年に48試合登板し13勝4敗と好成績を記録しリーグ優勝に貢献。 日本選手権シリーズにも登板し、2回戦で零封し勝利投手となっている。 1956年も12勝1敗の成績を残すが1957年以降は球団の方針でリリーフ登板が増え、その評価(当時は現在のようなセーブポイントが無かった)を巡って球団・監督と関係が崩れ、1958年に自ら自由契約を球団に要請、引退した。

引退後は一般会社員として繊維業界や薬品業界を経験し、医療薬品関係の会社を興して成功した。

小畑正治の出身高校

小畑正治出身高校
呉三津田高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
805位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1934年4月3日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング