小泉博の出身高校

小泉博 アナウンサー

小泉 博(こいずみ ひろし、1926年8月12日 - 2015年5月31日)は日本の俳優、司会者。本名は小泉 汪(読み同じ)。身長173cm、体重72kg、血液型はA型。趣味はゴルフ。

神奈川県鎌倉市に政治家小泉策太郎の八男として生まれる。兄は日本画家の小泉淳作。 11歳で父と死別。慶應義塾高等学校を経て1943年、慶應義塾大学経済学部に入学。1948年に卒業、NHK第20期アナウンサーとして入局。この進路選択については、「日本を農業と軽工業の国に変革させる、という当時のアメリカGHQの発表に対する不安感があった」とコメントしている。

NHK入局後、大分放送局に配属される。1950年9月、休暇で上京した際に、軽い気持ちで藤本眞澄が代表を務める藤本プロの『えり子とともに』(公開は1951年)のフレッシュマン募集に応募し、三人の合格者の一人に選ばれる。これを受けNHKを退職し、同映画に出演する。その後、東宝に復帰した藤本真澄から誘われて、東宝ニューフェイス第3期生に応募し、合格。同期には山本廉、岡田茉莉子がいた。1951年6月、東宝に入社して、翌1952年1月、『青春会議』で主演スターとして売り出す。

都会的な明るい持ち味の二枚目ぶりが人気を呼び、特に1956年から1960年にかけての江利チエミ主演の『サザエさん』シリーズでのマスオ役が有名である。また1955年の『ゴジラの逆襲』、1961年の『モスラ』をはじめ、初期の東宝特撮映画では共演した佐原健二、平田昭彦、土屋嘉男などと並び、欠かせない顔だった。1967年に出演した『日本のいちばん長い日』において、NHKアナウンサー時代の先輩である和田信賢役を演じたこともある。戦時中は飛行機乗りへの憧れが強く、『ゴジラの逆襲』で飛行士役を演じた際は夢が叶った思いだったという。

1961年以降は次第にテレビへと活躍の場を移し、1970年にはフジテレビ『クイズ・グランプリ』の司会を務めた。当時はアナウンサー経験者とあって、巧みな話術を生かした名司会で人気があった。

その後はレストラン「チェック」を経営し、1990年代の後半からはフランキー堺の後押しなどもあり、「日本俳優連合」で、俳優の契約改善要求の取り纏め役に従事。『徹子の部屋』で、「そっちが忙しすぎて、俳優の仕事があまりできないんですよ」とコメントしていた。

2003年の『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』で俳優業に復帰。『モスラ』(1961年)と同じ中條役としての登場で、久々のゴジラ映画出演となった。また同時期にもテレビ『超星神グランセイザー』に中条という名の役で出演した。

2015年5月31日午前2時20分、間質性肺炎のため死去。88歳没。

小泉博の出身高校

小泉博出身高校
慶應義塾高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
アナウンサーランキング
45位 / 1802人中 アナウンサー別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1926年8月12日生まれ
血液型
A型

アナウンサー偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


アナウンサー一覧

アナウンサー偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング