小池兼司の出身高校

小池兼司出身高校
静岡県立浜松商業高校 偏差値
静岡県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2608位/4491人中(プロ野球選手)
性別
男性
生年月日
1939年2月5日生まれ
プロ野球選手別偏差値ランキングを見る

小池 兼司(こいけ けんじ、1939年2月5日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手。遊撃手。

浜松商では1956年の春の甲子園に出場、2回戦で県立尼崎高のエース今津光男に抑えられ敗退。卒業後は専修大学に進学し、東都大学リーグでは在学中に4度の優勝を飾る。1959年の日本選手権では準決勝に進出するが、早大に惜敗。リーグ通算85試合出場、272打数69安打、打率.254、2本塁打、28打点。ベストナイン3度受賞。大学同期に坂井勝二(中退)がいる。

1961年に南海ホークスへ入団。堅実な守備と小柄ながら左に引っ張る打撃で名遊撃手として活躍し、1960年代の4度のリーグ優勝に貢献。1963年には、113併殺で山田潔の持つパリーグの遊撃手併殺記録を破った。1968年には遊撃手連続守備機会無失策218回という当時の日本記録を樹立した。1963年から4年連続でベストナイン、1964年から5年連続でオールスターゲーム出場。1974年限りで引退。

引退後は編成部長、一軍守備・走塁コーチ(1980年)、二軍守備コーチ(1981年)、二軍ヘッド兼内野守備コーチ(1982年)、二軍監督(1983年 - 1985年)、スカウトを歴任し、1992年に退団。その後は大阪府八尾市の少年野球チームで指導していたが、台湾プロ野球の三商タイガース打撃コーチ(1994年 , 1998年)・和信ホエールズ打撃コーチ(1997年)を歴任。現在は大阪ホークスドリームで女子野球部の監督を務めている。

小池兼司の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング