小森龍邦の出身高校

小森龍邦 議員

小森 龍邦(こもり たつくに、1932年 - )は、広島県府中市 (広島県) 府中市出身の日本の部落解放運動家、政治家。部落解放同盟広島県連合会委員長、同中央本部書記長、衆議院議員、新社会党中央執行委員長などを歴任し、現在は解放同盟広島県連顧問。1951年、広島県立府中高等学校卒。1961年、広島県青年連合会会長となる。1962年、日本社会党に入党。部落解放同盟の専従活動家として頭角を現し、1960年代後半に表面化した解放同盟分裂に際しては、日本共産党主導の広島県連に対抗して中央本部につながる広島県連再建に尽力し、県連委員長に就任、組織拡大に成功した。組織拡大の功績によって中央レベルの発言権を強め、中央執行委員を経て、1982年、中央本部書記長に就任、事実上の最高権力者として解放同盟を指導、84年の新綱領制定にも主導的役割を果たした。

小森龍邦の出身高校

小森龍邦出身高校
戸手高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
議員ランキング
806位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1932年生まれ

小森龍邦の関連人物

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


小森龍邦の関連著書

議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング