小林祐梨子の出身高校

小林祐梨子 スポーツ選手

小林祐梨子出身高校
須磨学園高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
21位 / 2530人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1988年12月12日生まれ

小林祐梨子(こばやし ゆりこ、1988年12月12日 - )は、兵庫県小野市出身の女子陸上競技元選手(中距離走・長距離走)。小野市立旭丘中学校卒、須磨学園高等学校卒、岡山大学卒業。

須磨学園高等学校在学中の2005年、世界ユース選手権に出場し1500mで銀メダルを獲得。さらにアジア選手権にはシニア代表として出場、1500mで銅メダルを獲得した。また同年、スーパー陸上では1500mの高校新記録を樹立、直後には3000mの高校記録も更新した(記録は8分52秒33)。

2006年度には、IAAFグランプリ大阪大会にて1500mで杉森美保の持つ4分09秒30の日本記録を超える4分07秒86の日本新記録をマークして、翌年の世界選手権参加B標準記録を突破。世界ジュニア選手権では1500mで銅メダルを獲得。そして全国高校駅伝では2区で20人抜き、区間新記録、3年連続区間賞を達成。同校の3年ぶり2度目の優勝の原動力となった。また、同年のドーハアジア大会にも出場し、4分14秒96の2位に入り銀メダルに輝いている。

2007年4月豊田自動織機へ入社。社内留学制度を活用して岡山大学マッチングプログラムコースへ入学。社会人選手として実業団登録を申請するが、「勤務実態がない」などの規則を理由に却下されたため、日本スポーツ仲裁機構に調停申請を行ったが認められず、大学に通学していた4年間は、学連主催のレースにも、実業団連盟主催のレースにも出場できなかった。

2008年6月29日、第92回日本陸上選手権5000mに出場、福士加代子・渋井陽子・赤羽有紀子といった有力選手を向こうに回し、決勝レースで15分11秒97のタイムで走り抜き、堂々の優勝を飾った。この結果、小林は既に金栗四三杯長距離記録会に於いてA標準記録を突破していたため、この種目での北京オリンピック・日本女子代表へ初選出を決めた。8月19日の北京オリンピック・女子5000m予選に出場し、日本3選手でトップ記録の15分15秒87で、組7着に入ったものの(6着以内に入れば自動的に決勝レース進出決定だった)、わずか0秒75のタイム差で惜しくも予選敗退に終わった。

2009年1月11日、第27回全国都道府県対抗女子駅伝に兵庫県代表として2区 (4.0 km) を走り20人抜きの快走で区間新記録をマークした。6月27日、第93回日本選手権の5000mに出場。昨年に引き続き2連覇を目指すも、決勝レースでは中村友梨香に優勝をさらわれ、15分26秒84の3位に終わったが、この種目での世界陸上ベルリン大会出場を果たした。8月19日の世界陸上ベルリン大会・女子5000m予選では、15分21秒01の13位ながらもタイム順で拾われ決勝進出。そして3日後の8月22日の同大会女子5000m決勝レースに出走したが15分12秒44で11位、惜しくも8位入賞には届かなかった(中村友梨香は決勝12位)。

2012年6月10日、第96回日本陸上選手権5000mに出場したが4位に終わり、五輪2大会連続となるロンドンオリンピック・日本女子代表選出はならなかった。

2014年12月14日、全日本実業団対抗女子駅伝へ、豊田自動織機チームで6区・アンカーを務めるも区間8位・総合4位と振るわなかった。翌2015年1月20日、度重なる故障等の理由により、今年度限りで陸上競技選手からの現役引退を表明。引退後は各地のマラソン大会・ゲストランナーや講演活動などに取り組む予定。

小林祐梨子の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

スポーツ選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング