小林祐三の出身高校

小林祐三 プロサッカー選手

小林 祐三(こばやし ゆうぞう、1985年11月15日 - )は、東京都出身のプロサッカー選手。ポジションはディフェンダー(右サイドバック)。

東京都羽村市に生まれ五歳からサッカーを始める。中学時に祖父母の住む埼玉県熊谷市に転居、上里FCに入団する。そこではクラブチームの埼玉県選抜に選ばれブラジル遠征に参加した。各年代の日本代表に招集される。2003年には2005 FIFAワールドユース選手権オランダ大会に向けたU-18日本代表に選出されアジア1次予選、2004年アジア最終予選、そして2005年ワールドユース本大会にレギュラーとして出場する。本大会では本田圭佑とボランチを組むこともあった。2004年、複数のオファーの中から、高校の2年先輩である永田充、1年先輩の谷澤達也ら同高校出身の選手が所属する柏レイソルに入団。1年目から試合に出場するが、レギュラーをつかむまでには至らなかった。チームはJ1最下位の16位に終わり、入れ替え戦でかろうじてJ1に残留する。

2005年、DFラインに永田、波戸康広らがいる上に、ヴィッセル神戸から土屋征夫が加わり、レギュラーを獲ることが一層厳しくなるが、持ち前のユーティリティーさを生かし、負傷者や出場停止者の穴を埋めるべく試合に出場。しかし、久々の出場機会で前半45分で相手選手をペナルティーエリア内で倒し一発退場の判定を受け、号泣する姿を見せた。個人としてはワールドユースオランダ大会の日本代表に選ばれ、レギュラーとして16強入りに貢献する。J1では、柏が18チーム中16位に終わり、2年連続の入れ替え戦となり、ここでヴァンフォーレ甲府に敗れJ2降格を経験。

2006年、J2降格に伴い永田、明神智和、波戸、土屋がチームを去り、開幕からレギュラーとして41試合に出場。岡山一成とともにチームのDFラインを牽引し、1年でのJ1復帰に貢献。年代別日本代表では、チーム事情、監督の交代(大熊清→反町康治)もあり、1試合に招集されるにとどまる(その招集された試合も負傷のため辞退)。

2007年、は新加入の古賀正紘と共にDFラインを形成、J1最少失点を争うほどの強固なDFとなる。年代別代表では控えや怪我人に替わって急きょ招集される事が多かった。

2008年、北京五輪メンバー選出はならなかったものの、柏ではCBのレギュラーに定着する。的確なカバーリングなどでチームの天皇杯準優勝に貢献。

2009年、シーズン当初はCBとして古賀正紘とコンビを組みスタメン出場を続けていたものの、同じポジションを争っていた近藤直也が怪我から復帰し安定したパフォーマンスを見せるようになると、CBのレギュラーを近藤に奪われる格好になり、右SBとして出場する機会が多くなる。この年を境に小林は方向性の変更を余儀なくされる。

2010年、チームが二度目のJ2降格を喫してしまったものの、チームに残留。前年に引き続き右SBとしてスタメン出場を続け、元々自身の武器でもあったスタミナとスピードを生かしたプレーにも磨きがかかり右SBの選手として完全に定着。CBからのコンバートが成功した一年となった。しかし右SBにはスタメンの座を争う村上佑介も居て、シーズン中盤には怪我明けの村上にスタメンを奪われるなど、激しいポジション争いの続く一年だったともいえる。 自身の環境を変えるため、オフシーズンに横浜F・マリノスへの移籍を表明。

2011年、移籍初年から右SBとしてレギュラーに定着。J1第27節に移籍後初ゴールをあげる。

2013年、天皇杯で自身初の優勝を経験。リーグ戦の活躍で優秀選手賞に輝く。

その他の公式戦

小林祐三の出身高校

小林祐三出身高校
静岡学園高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
220位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1985年11月15日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング