小林弘記の出身高校

小林弘記 サッカー選手

小林 弘記(こばやし ひろき、1977年5月24日 - )は、静岡県静岡市出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはゴールキーパー(GK)。

現在は、Jリーグ・ロアッソ熊本でアカデミースタッフ兼アンバサダーを勤める。妻は元タレントの木下優。

1993年、清水商業高校に進学。先輩のGK川口能活に叱咤されながらも力を伸ばし、1995年には同期の大石玲、谷池洋平、西川周吾、早川知伸、藤元大輔、松原忠明らと共に高円宮杯3連覇に貢献した。

恵まれた体格と跳躍力から複数クラブのオファーを受けたが、コーチ陣の充実を理由に1996年よりジュビロ磐田に加入。磐田では大神友明が正GKとして定着しており、大神が負傷離脱した1999年以後も出場機会を得られなかったことから、2000年シーズン途中にヴェルディ川崎への期限付き移籍を経て、コンサドーレ札幌へと完全移籍。同年11月5日のJ2第41節サガン鳥栖対札幌においてJリーグ初出場を果たすも、正GK佐藤洋平の壁は厚く、2001年限りで退団。

2002年2月末にFC東京へ移籍。同年の選手編成は1月に発表されていたが、2月になって小澤英明が負傷し、小林の獲得はその穴埋めを図るためのものだった。土肥洋一のバックアッパーとしてベンチ入りを続けていたが、シーズン終盤に小澤が復調したことでベンチからも外れ、1年限りで退団した。

2003年、湘南ベルマーレへ移籍。若手選手を支えるリーダーシップを発揮し、気迫のこもった好セーブで正GKの座を掴んだ。

2007年よりロッソ熊本(2008年よりロアッソ熊本)へ移籍。同年のJFLでは全試合フル出場で奮闘し、2008年からのチームのJリーグ参入(J2昇格)に貢献した。2009年限りで現役を引退。

2010年よりロアッソ熊本のアカデミースタッフ兼アンバサダーに就任し地域に根ざした様々な活動を行なっている。2013年現在の所属部署は営業部。一方、DJ Kova(コヴァ)としてスタジアムDJも務めている。また、チームマスコットであるロアッソくんとは、BAZOOKA BROTHERS(バズーカブラザーズ)という名でタッグを結成中である。

2011年5月22日、八代市鏡町「ふる郷(さと) 愛鏡祭」にて開催された畳投げ大会にて、一般男性にエントリー。12メートル43を記録し大会新記録 で優勝した。

小林弘記の出身高校

小林弘記出身高校
静岡市立清水商業高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1347位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1977年5月24日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング