小林中の出身高校

小林中 実業家

小林 中(こばやし あたる、男性、1899年2月17日 – 1980年10月28日)は日本の実業家。初代日本開発銀行(現・日本政策投資銀行)総裁。戦後の財界において影の財界総理と称されるほどの実力者であった。愛称はコバチュー。山梨県東八代郡石和村(現・笛吹市)に、矢崎貢の次男として出生。母方の小林伝右衛門の養子となる。小林家は江戸時代より代々苗字帯刀を許されていた、山梨県下でも屈指の富農であった。伝右衛門により1900年に石和銀行(山梨中央銀行の前身行の一つ)が設立され頭取に就任、彼の没後に実父の矢崎貢が経営を継ぐことになる。旧制甲府中学校(現・山梨県立甲府第一高等学校)を卒業後、慶應義塾大学に入学、在学1年で早稲田大学政治経済学部に転入するも1922年に中退し、郷里に帰って家業の石和銀行に入社、取締役兼支配人に就任する。とはいえ弱冠二十代の若さであり、毎日付近の寺の住職と碁を打つのが日課であったなどと伝えられている。やがて、養父伝右衛門と昵懇の仲であった初代根津嘉一郎の目に留まり、1929年に根津が社長を務める富国徴兵保険(現・富国生命保険)に入社する。小林は社長秘書として、根津から帝王学教育を授けられる一方、当時郷誠之助(元東商会頭)を中心とする政財界人のサークル「番町会」のメンバーとして名を連ね、人脈を広げていった。

小林中の出身高校

小林中出身高校
甲府第一高校 偏差値 山梨県高校偏差値ランキング
実業家ランキング
170位 / 412人中 実業家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1899年(明治32年)2月17日生まれ

小林中の関連人物

実業家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


小林中の関連著書

実業家一覧

実業家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング