小川郷太郎の出身高校

小川郷太郎 議員

小川 郷太郎(おがわ ごうたろう 明治9年(1876年)6月9日 - 昭和20年(1945年)4月1日)は、大正・昭和期の財政学者、政治家。京都大学 京都帝国大学教授、拓殖大学学監、衆議院 衆議院議員、商工大臣、鉄道大臣などを歴任。従三位勲一等。明治9年(1876年)6月9日、岡山県浅口郡里庄町で村山菊蔵の長男として生まれる。岡山県医局長で医師の小川知彰の養子となり、開成中学校、旧制第一高等学校 (旧制) 第一高等学校を経て、明治33年(1900年)東京大学 東京帝国大学に入学。明治36年(1903年)東京帝国大学法科大学政治学科を首席で卒業して、大蔵省に入省する。翌明治37年(1904年)新設されたばかりの京都帝国大学経済学部に迎えられた。財政学研究のためヨーロッパに6年間に渡り、ドイツ、オーストリアなどで学んだ。帰朝後は京都帝国大学教授、同大経済学部長を歴任。大正6年(1917年)には法学博士号を授与された。

小川郷太郎の出身高校

小川郷太郎出身高校
偏差値 高校偏差値ランキング
議員ランキング
841位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1876年(明治9年)6月9日生まれ

小川郷太郎の関連人物

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング