小川浩一の出身高校

小川浩一

小川浩一 プロ野球選手

小川 浩一(おがわ こういち、1965年5月10日 - )は、佐賀県佐賀市東与賀町出身の元プロ野球選手(内野手)。

1995年から1999年までの登録名は小川 皓市(読みは同じ)。

佐賀学園時代は1981年に1年生ながら6番打者として夏の甲子園に出場。その後、日本鋼管福山を経て、1987年のドラフト2位で日本ハムファイターズに入団。広角打法のシュアなバッティングで、主に右投手先発の時に二塁手や三塁手としてスタメン出場し、左の代打の切り札としても活躍した。内野全ポジションおよび外野を経験したユーティリティープレイヤーではあったが守備はあまり得意ではなく、小川に代わってよく守備固めをしていたのが、後にキャプテンとなり遊撃手としてブレイクした広瀬哲朗。

打撃フォームは独特で、テニスのドライブショットのようなテイクバックをしていた。

1990年のオープン戦でルーキーの野茂英雄から本塁打を打ち、「野茂? たいしたことないね」という発言がマスコミにとりあげられたが、本人はその発言を否定している。

1990年5月9日の対西武ライオンズ戦(東京ドーム)で、西武先発の渡辺久信が9回まで日本ハム打線をノーヒットに抑えていたが、味方も点を取れず0対0のまま延長に突入。延長11回1アウトから、渡辺のノーヒットノーランの夢を打ち砕くヒットを放った。なお、村田兆治の200勝達成時の最後の打者でもある。1998年オフに戦力外通告を受け、1999年に福岡ダイエーホークスにテスト入団するが、一軍出場は無く、同年限りで現役引退。

現在は社会人野球クラブチーム「佐賀魂」のコーチを務めていたが、退団した。

小川浩一の出身高校

小川浩一出身高校
佐賀学園高校 偏差値 佐賀県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
4099位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1965年5月10日生まれ

小川浩一の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


小川浩一の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング