小塚和季の出身高校

小塚和季 プロサッカー選手

小塚 和季(こづか かずき、1994年8月2日 - )は、新潟県見附市出身のサッカー選手。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー。

アルビレックス新潟のJ1昇格を見て「地元で活躍したい」と夢を持った。12歳の頃には「サッカーの強い高校に入り、Jリーグへ行き、日本代表になる」と夢を語っていた。中学時に所属していた長岡ジュニアユースFCでは、フットサルの全国大会で優勝した経験を持つ。この頃共に選抜チームに選ばれ、後にチームメートとなる川口尚紀を、それ以来ずっとライバル視していた、と後に語っている。帝京長岡高校2年時に北信越プリンスリーグ1部で得点王を獲得。3年時にはU-18日本代表のスロバキア遠征に参加した ほか、第91回全国選手権に出場し、新潟県勢28年ぶりとなるベスト8に進出した。3回戦鹿児島城西高校戦では、遊び心溢れるプレーで3得点に絡み、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されている。

帝京長岡高校在学中の2012年にアルビレックス新潟から春季キャンプ参加の招待を受け、同年4月に特別指定選手へ登録。背番号34を与えられた。早い段階から周囲の評価は高く、大井健太郎、三門雄大は小塚を「天才」と呼び、内田潤は「新潟から出してはいけない」と話した という。同年11月に翌年入団の仮契約を結び、2013年より正式にアルビレックス新潟へ入団した。

2014年7月にJFL(当時)レノファ山口FCへ期限付き移籍。左サイドハーフやフォワードなど攻撃的なポジションを多くこなし、山口のJ3リーグ参入に貢献。翌2015シーズンも山口への期限付き移籍期間を延長したが、上野展裕監督の指示でこの年はボランチへコンバート。出場停止の3試合を除く33試合に出場し、攻撃の起点として山口のJ2昇格に貢献した。

2015年シーズン終了後、新潟への復帰が発表された。

山口でダブルボランチとしてペアを組んだ庄司悦大からは「相手の逆を突くのがうまいし、それでいて味方へのパスは受けやすいところに出す」とパサーとしての技術の高さを評価する一方で「プレーにちょっと波がある。その波さえなくなれば、相当なレベルの選手になるだろう」とも指摘している。

一方で、技術面では優れているがヘディングは得意ではなく、川口尚紀とのインタビューで川口のクロスから決めたいと話した際に川口に「ないじゃん」と冗談混じりに返されていた。

その他の公式戦

小塚和季の出身高校

小塚和季出身高校
長岡高校 偏差値 新潟県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
220位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1994年8月2日生まれ

小塚和季の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング