小坂憲次の出身高校

小坂憲次 議員

小坂 憲次(こさか けんじ、1946年3月12日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(1期)。参議院憲法審査会会長(初代)。

衆議院議員(6期)、文部科学大臣(第7代)、自民党参議院幹事長などを歴任。

1990年代前半は、一貫して羽田孜の側近であった。1993年に自民党を離党し、羽田が率いる新生党に入党。その後も羽田に従って新進党、太陽党、民政党と渡り歩いたが、羽田が菅直人元厚生大臣率いる旧民主党への合流を進めたことに反発。民主党には合流せず、無所属の期間を経て後に自民党に復党した。

2008年自由民主党総裁選挙では石破茂の選挙責任者を務める。

2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙において、自由民主党公認で長野1区より出馬するも、民主党公認候補の篠原孝に及ばず、比例復活も出来ずに落選した。

2011年4月14日、東日本大震災の復興補正予算が議論される中、復興予算捻出のためのODA削減案に反対する超党派連合のメンバーとして名を連ねる。

2011年10月21日、参議院憲法審査会の初会合において行われた会長選出選挙で、江田五月前参議院議長を1票上回る23票を獲得し、会長に就任。

曾祖父は小坂財閥の創業者で政治家としても活動した小坂善之助。祖父は信濃毎日新聞社主や電源開発総裁を歴任し、政治家としても活動した小坂順造。大叔父は元信濃毎日新聞社長の小坂武雄。父は元衆議院議員で外務大臣を務めた小坂善太郎で、叔父は元運輸大臣の小坂徳三郎。

叔母の百合子は経済学者の美濃部亮吉に嫁ぎ、美濃部が東京都知事に就任する前に離婚した。その3人の子息は小坂姓に改姓し、長男は小坂の秘書を務めていた。大叔母のはる(善之助の次女)は第13代日本銀行総裁の深井英五に嫁ぎ、その長女・結子(憲次の父・善太郎の従姉にあたる)は天文学者の萩原雄祐に嫁いだ。雄祐の三男で元日本テレビ放送網社長の萩原敏雄は又従兄、雄祐の孫で讀賣テレビ放送アナウンサーの萩原章嘉は又従兄の子息にあたる。

母方の祖父は第1次近衛内閣で拓務大臣を務めた大谷尊由。

2009年、第45回衆議院議員総選挙の自民党マニフェスト策定プロジェクトチーム座長に内定している菅義偉選挙対策副委員長が、親の地盤を引き継ぐ世襲候補の立候補制限を公約に盛り込むよう提言した。菅の案は現職は適用外としたが、子弟を後継にする場合には選挙区替えが必要になるというものである。4月17日、小坂は党役員連絡会で「もしそういうことなら私は世襲の権化です!」「本当に規制するなら(世襲議員は)党から出ていくべきだということになる。私も覚悟を決めなければならない」と菅の案に反発した。ちなみに2009年まで、第1回衆議院議員総選挙で当選した衆議院議員の子孫で、かつ現職の衆議院議員だったのは小坂ただ1人であった。

小坂憲次の出身高校

小坂憲次出身高校
慶應義塾高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
議員ランキング
42位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1946年3月12日生まれ

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング