寺内一隆の出身高校

寺内一隆 プロ野球選手

寺内 一隆(てらうち かずたか、1912年9月3日 - 戦死)は、愛媛県出身のプロ野球選手(外野手)。

松山商業では1930年に第7回選抜中等学校野球大会、第16回全国中等学校優勝野球大会に出場し、選抜大会は準優勝している。

立教大学に進学し、コロムビアを経て、1937年にイーグルスへ入団。1942年シーズン途中には選手兼任監督も務めた。1938年秋に記録した打率.113は、同年春に記録したチームメイトであった山田潔の.107に次ぐ、規定打席に到達した打者の中では2番目に低い数字である。

1943年に召集される。戦争中にラバウルで戦死した。東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

寺内一隆の出身高校

寺内一隆出身高校
松山商業高校 偏差値 愛媛県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2028位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1912年9月3日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング